残業代請求・労働問題について
絶対に知っておくべき知識とは?

会社との間で「残業代や給料の未払い」「長時間残業」「不当解雇」「セクハラ」などの問題を抱えると、これからどう行動したら良いんだろう?と悩んでしまいますよね。まずあなたに知っておいてほしいのは、本来、労働者(正規・非正規の会社員、パート・バイト等)は法律でしっかり保護されているため、未払い残業代の請求等、多くの行動が可能だということです。

そこで、以下では様々な労働トラブルについて知っておくべき法律や行動方法について詳しく解説したページを紹介します。

CASE1

残業代請求について

非常に多くの会社では、「サービス残業」「管理職を理由にした残業代の未払い」「みなし残業代制、歩合制、裁量労働制などを理由にした残業代の未払い」などの問題が見受けられます。残業代の未払いは違法ですので、会社に請求することで残業代を取り戻せる可能性があります。下記の記事を参考に行動をはじめてみましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE2

残業代のルールについて

残業代を請求するためには、そもそも残業代はどのような場合に発生するのか、あなたの未払い残業代はいくらくらいあるのか、状況に応じた適切なルールを知っておくことが大事です。下記の記事では、さまざまな場合における残業代の計算方法や違法なケースを紹介していますので、行動する前に読んでチェックしてみてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE3

残業時間のルールについて

日本では多くの企業で、従業員が違法な長時間残業をさせられている現状があります。しかし、従業員側に知識がないために泣き寝入りしていることも多いようです。下記の記事では、法律上の残業時間のルールや残業時間あたりの残業代の計算方法等について、詳しく説明しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE4

役職・肩書別について

「課長や係長などの管理職だから」「店長、支店長などの役割だから」といった理由で、「残業代は出ない」と会社から言われている方は多いのではないでしょうか。しかし、実は残業代を支払わなくて良いとされる管理職の基準は非常に厳しく、役職・肩書を理由に残業代が未払いとされている多くのケースは違法である可能性が高いです。下記の記事で詳しく解説しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE5

職業・職種別について

「飲食店」「トラック運転手」「営業職」等、一部の職種は特に長時間残業や残業代の未払いが常態化していることが多いです。もし、あなたがこれらの職種で働いている場合は、下記の記事を読んで現状を改善するための行動を始めていきましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE6

働き方の制度について

業種、職種によっては「みなし残業代制」「裁量労働制」「年俸制」「フレックスタイム制」など様々な制度が導入されています。これらの制度がある場合、残業代のルールや計算方法が難しく、自分の残業代が正しいか把握できていないという場合も多いようです。下記の記事で制度別に詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE7

ブラック企業について

現代では、法律を守らず長時間残業やサービス残業等を従業員に強いるブラック企業が多く存在しています。「自分の会社ってブラック企業ではないかな?」「ブラック企業に就職・転職したくない」とお考えの場合は、下記の記事で見分ける方法や、入ってしまった場合の辞め方などについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE8

退職・退職金について

会社を退職するときには「退職金は出るのかな?」「有給休暇を取ることはできるのかな?」「辞める流れが知りたい」などの疑問があると思います。下記の記事では、退職時のさまざまな問題を解決できる記事ですので、ぜひ辞める時の参考にしてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE9

不当解雇・クビについて

一方的に会社を解雇された場合、不当解雇で違法性がある場合があります。その場合は、会社に対して訴訟などの行動を取れますので、泣き寝入りせず適切な行動を行っていくことをおすすめします。ただし、感情に任せて行動すると会社に言いくるめられてしまうこともありますので、下記の記事をこれからの行動の参考にしてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE10

パワハラ・セクハラ・モラハラ について

会社の上司、先輩、同僚などからパワハラ、セクハラ、モラハラを受けている場合は、とても辛い思いをされていると思います。もちろんこれらの行為は許されるものではありませんが、感情に任せて行動するとうまくいかないことも多いです。下記の記事では、相談先や今すぐできる対処法について紹介していますので、参考にしてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE11

給料未払いについて

会社が不当に給料を払わなかったり、倒産や経営不振を理由に給料が未払いになっている場合、適切な行動を取ることで給料を取り戻すことが可能です。給料に関するルールからあなたの置かれた状況別の具体的な対処法まで、下記の記事で詳しく解説しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

CASE12

その他(労働問題全般)

労働のトラブルには、これまで紹介した以外にも「有休がとれない」「失業保険をもらう方法が知りたい」「36協定がどういうものか知りたい」などさまざまなものがあると思います。これらの疑問点についても、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら

残業代の相談実績 累計2392件突破!QUEST法律事務所

残業代に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。

※2018年1月〜2020年3月実績

残業代の相談実績 累計2392件突破!QUEST法律事務所

残業代に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください。

※2018年1月〜2020年3月実績