地域のイベントで出会った男性と不貞関係に、、

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

地域のイベントで出会った男性と不貞関係に、、

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
30代
子供
請求者に2人
職業
不明
請求額
200万円
合意額
50万円

ご依頼内容

事例1弁護士依頼前

事例1弁護士依頼後

イベントで出会った既婚男性との不倫関係がバレて200万円を請求された

私は、地域のイベントと出会った男性と不貞関係になってしまいました。

私自身は独身で、相手は既婚でお子さんもいる男性だったのですが、軽い気持ちで一緒に外出するようになり、流れで関係を持つようになってしまったのです。

それからは、男性と関係を持つことが当たり前になり、自宅が近かったので月に何度も会っていました。
すぐに会って解散していたので、バレることもないだろうと思っていたのです。

今思えば、会うのも近隣のエリアだったので、不注意だったと思います。また、不倫すること自体、自分の気持ちに隙があったのだと思います。

油断して不倫関係を続けていたところ、ある時一緒にいるところを相手の奥さんに目撃されてしまいました。
今思えば、いずれ奥さんにバレるのは当然のことでした。

その場で奥さんから連絡先を聞かれ、しばらくして弁護士から書面が届き慰謝料200万円を請求されました。

こんなに高額な慰謝料を請求されるとは思っておらず、頭が真っ白になるほど驚きました。
それに、正直、200万円は高すぎると思いました。

しかし、相手の弁護士によると、私が関係を持っていた男性とその奥さんは、私との不倫が原因で離婚したそうなのです。

そして、自分でも調べてみましたが離婚されると慰謝料の金額が高額になるのだそうでした。

慰謝料が高額で支払えないため、対処法を調べて新橋第一法律事務所を見つける

それでも、私にとってとても支払える金額ではありません。
しかし、慰謝料が支払えない場合にどうしたらいいのかまったく分かりませんでした。

なんとかして安くしてもらえないかとも思いましたが、私の不倫が原因で離婚しているのですから、そう簡単に相手が交渉に応じてくれるとも思えませんでした。

そこで、とにかくネットで調べて、このような場合の対処法がないかと思っていたところ、新橋第一法律事務所のHPのコラムを見つけました。

新橋第一法律事務所のHPには、不倫してしまって慰謝料請求された人が、慰謝料を減額する方法や実際に減額できた事例についてたくさん紹介されていました。

私の場合ももしかしたら減額できるかもしれないと思い、すぐに電話して相談しました。

そこで状況を話したところ、減額できる可能性があると丁寧に説明していただいたため、依頼することにしたのです。
そして、自分でも調べてみましたが離婚されると慰謝料の金額が高額になるのだそうでした。

ご依頼の結果と解決ポイント

相手方夫婦は離婚する際に、男性から奥さんに離婚慰謝料が支払われていました。
相手方の代理人は、離婚慰謝料と不貞慰謝料は別物と主張しましたが、過去の裁判例を示して、離婚慰謝料の中に不貞慰謝料が含まれていると反論したことで、相手方夫婦が離婚したにもかかわらず、大幅な減額(50万円)に成功しました。

ご依頼者コメント

慰謝料は200万円から50万円にまで減額してもらうことができ、本当に良かったです。
新橋第一法律事務所の弁護士さんには本当に感謝しています。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article