出来心で同僚と関係を持ってしまった

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

出来心で同僚と関係を持ってしまった

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
30代
子供
請求者に2人
職業
会社員
請求額
300万円
合意額
50万円

ご依頼内容

事例2弁護士依頼前

事例2弁護士依頼後

会社の同僚である既婚男性と不倫してしまい、300万円を請求された

会社の同僚である既婚者の男性と、不倫してしまいました。

もともと、一緒に何年も働く中で同僚とは仲良くなって友人になり、同僚の奥さんにも何度も会って友人として仲良くしてもらっていました。
私は独身ですが同僚には二人のお子さんもいて、よく自宅にも遊びに行く関係でした。

しかし、会社のイベントのあと出来心で同僚と関係を持ってしまい、その後も何度か関係を持ってしまったのです。

奥さんも友人ですしこのまま関係を持ってたらだめだと思いつつも、ずるずると関係を続けてしまいました。
同僚からは、最近奥さんとうまくいっていないと相談されていたため、私の気もゆるんでしまっていたのだと思います。

しかし、私とのやりとりが奥さんに知られたことから不倫がバレたそうで、あっという間に二人は離婚してしまいました。

奥さんからは弁護士を通して300万円もの慰謝料を請求されてしまいました。

300万円の金額を支払うのは難しいため、法律を調べていたところ新橋第一法律事務所を見つける

確かに私に非があるのは間違いないですが、仲が良かった奥さんから300万円も請求されたのは本当にショックでした。
それに、それほどの金額を支払うのは難しいです。

そのため、どうしたら良いだろうと思ってインターネットで法律のことを調べていたところ、新橋第一法律事務所を見つけました。

慰謝料を減らせるさまざまなケースが紹介されており、相談も無料とのことだったのでとりあえず相談することにしました。
相談したところ、私の不倫が原因の離婚じゃなければ大幅に減額できる可能性があると言われました。

ご依頼の結果と解決ポイント

相手方と示談交渉する中で、実は、今回の件がバレる前から夫婦の間で離婚することが決まっていたことが分かりました。
不倫が直接の原因でなければ300万円の慰謝料は高額であるため、不貞行為と離婚との間に因果関係がないことを主張し、大幅な減額(50万円)に成功しました。

ご依頼者コメント

そこで依頼してみたところ、300万円から50万円に減額してもらうことができたのです。
私がやった行為は本当に後悔していますが、不当に高い慰謝料の負担を負うことがなくなったことには心から安心しました。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article