会社の上司と出張をきっかけに不倫関係に

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

会社の上司と出張をきっかけに不倫関係に

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
30代
子供
請求者に2人
職業
会社員
請求額
200万円
合意額
90万円

ご依頼内容

事例15弁護士依頼前

事例15弁護士依頼後

会社の上司と3年以上不倫し、200万円の慰謝料を請求された

私が不倫してしまったのは、会社の上司にあたる男性です。

その男性と出会ったのは、私が転職したことがきっかけでした。
その、上司にあたる男性とは、仕事の関係上、コミュニケーションを取ることが多く、知り合って短期間のうちに親しくなりました。

そして入社して数カ月後に上司と2人で出張に行くことになり、出張に行った際に肉体関係を持ってしまったのです。

上司には奥さんがいることは知っていたため、最初は罪悪感がありました。
しかし、関係を続けるうちに罪悪感もなくなり、不倫は当たり前のようになり、私と上司の関係は3年以上続きました。

今思えば本当に浅はかな行動だったと思います。
上司は奥さんに対して、絶対にバレないように気をつけていたようです。

しかし、何年も不倫を続けるうちに上司の奥さんに対する気持ちが変わってしまったのか、奥さんに対する態度が悪くなっていったようでした。

さらに、上司はスマホを見られないように、肌見放さず持っていたりしていたそうです。
そうした行動から奥さんに疑われ、奥さんは上司のことを調べて不倫していることを突き止めました。

そして、上司に問いただして私の存在を知ったようです。

私には奥さんから直接、200万円の慰謝料を請求する書面が届きました。

突然このような請求書がきて本当に驚きましたし、この時はじめて私は自分がしてきた不倫を後悔しました。
しばらくは本当に落ち込みました。

しかし、私は200万円も支払える貯金もありませんし、それほど給料も高くないです。
そのため、何とか減らしてもらえないかと思いましたが、奥さんと直接やり取りして交渉するのは怖いし、かえって逆上させるかもしれないと思いました。

不倫トラブルの解決を求めて、新橋第一法律事務所に依頼

そこで、不倫して慰謝料請求されたときの対処法や、慰謝料が支払えないときにはどうしたらいいのか、といったことをネットで必死に調べました。

そこで、不倫トラブルの解決方法について詳しく解説されている新橋第一法律事務所のHPを見つけたのです。
また、無料で相談できるとあったため「無料なら試しに相談してみよう」と思ってなら、と一度相談してみました。

相談してみると、法律のことや慰謝料の相場など丁寧に教えてくれました。
私は不安でいっぱいいっぱいになっていたのですが、相談して「新橋第一法律事務所なら何とかしてくれるかもしれない」と感じたため、ここに依頼してみようと思いました。

ご依頼の結果と解決ポイント

請求者は書面のみによるやり取りを希望していたため、できる限り依頼者の謝罪の意思が伝わる文面にしつつ、同時に減額事由については妥協せずに主張しました。
その結果、無事に請求者の理解を得ることができ、90万円まで減額と長期分割に成功することができました。

ご依頼者コメント

依頼後は、すべて弁護士の先生が対応を行ってくれて、慰謝料を90万円まで減額して、しかも分割払いにしてもらうことができました。
何とか解決できて心からほっとしました。
あのときはありがとうございました。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article