会社の飲み会で知り合った相手と不倫し、慰謝料請求

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

会社の飲み会で知り合った相手と不倫し、慰謝料請求

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
20代
子供
不明
職業
会社員
請求額
200万円
合意額
30万円

ご依頼内容

事例54依頼前

事例54依頼後

同じ会社の男性と不倫し200万円の慰謝料を請求された

私は、会社の飲み会で知り合った同じ会社の男性と不倫してしまいました。

もともとその男性とは、会社は同じでも、普段は関わることが少なかったです。しかし、飲み会で話して打ち解けることができ、連絡先を交換してやり取りするようになりました。

その場で相手に奥さんがいることは聞きましたが、その時は、それほど気にしませんでした。
しかし、やり取りするうちに「二人で出かけよう」という話になり、ある時肉体関係を持ってしまいました。

相手に奥さんがいるということから罪悪感はありましたが、ちょっと関係を持つくらいまあ大丈夫だろうと軽い気持ちを持ってしまっていました。
また、関係を続けるうちに、罪悪感もなくなっていきました。

しかし、相手の男性がある日、不審に思った奥さんから問い詰められたそうです。
そして、私との関係を隠し切れずに、奥さんに告白してしまったのです。

私はバレないだろうと思っていたので、まさかこのような形でバレてしまうとは思っていませんでした。
男性から「バレてしまった」と連絡を受けて、本当にびっくりしました。そして、不倫関係を続けてしまったことを後悔しました。

しかも私は相手の奥さんから200万円も慰謝料請求されてしまいました。
200万円もの慰謝料を支払う余裕は全然なかったため、途方にくれました。

高額な慰謝料の支払いに困り、新橋第一法律事務所に依頼

そこで、不倫で慰謝料請求されてしまった場合はどうしたらいいのか、必死になってネットで調べてみました。

すると、新橋第一法律事務所のHPを見つけました。不倫に関する多くの記事が掲載されていて、ある記事を読んで、慰謝料には相場があり交渉することで減額できる場合がある、ということを知りました。

しかし、交渉には法的な知識が必要なようで、私一人でできる自信はありませんでした。
それに、そもそも自分の場合でも慰謝料が減額可能なのかも分からなかったため、その記事を掲載していた新橋第一法律事務所にすぐに相談しました。

すると、私の状況を詳しく聞いていただき、私の場合でも慰謝料を減額できる可能性があることを教えていただいたため、すぐに依頼させていただきました。

ご依頼の結果と解決ポイント

不貞配偶者がすでに請求者に250万円の慰謝料を支払っていたことを指摘しました。
裁判になりましたが、こちらの主張がおおむね認められて、低額(30万円)で解決することができました。

ご依頼者コメント

私がやらなければならないことはほとんどなく、弁護士さんに手続きや交渉をお任せしていました。
しっかり交渉してくれた結果、慰謝料は30万円まで減額してもらうことができました。
これほど減るとは思っていなかったので、本当に良かったです。
ありがとうございました。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article