1000万円も高額請求され、、

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

1000万円も高額請求され、、

ご依頼者

男性アイコン
性別
男性
年齢
40代
子供
不明
職業
不明
請求額
1000万円
合意額
114万円

ご依頼内容

事例58依頼前

事例58依頼後

不倫していたことが相手の夫にバレて1000万円の慰謝料を請求された

私はちょっとしたきっかけで仲良くなった女性と肉体関係を持ってしまいました。
女性とは、仕事の関係で知り合ったのですが、気が合ったためいろいろなことを話すようになり、親密になっていきました。

その女性が既婚者であることは知っていましたが、女性からは「夫婦関係が悪い」と聞いており、夫婦関係に関する相談もよく聞いていました。
そのため、親密な関係になっても大丈夫だろうと思い、二人で出かけることも増えていき、ある時をきっかけに不倫関係になったのです。

夫婦仲が悪いと聞いていたため、不倫に対する罪悪感もあまりなく「まあ大丈夫だろう」と思って軽い気持ちで不倫してしまったのです。
それから不倫関係はしばらく続けました。

しかし、ある時に不倫していたことが女性の夫にバレてしまいました。
しかも、それからしばらくした後、偶然街で相手の女性と会って二人でいたところを相手の夫に見られてしまいました。

私は、女性といるところを直接見られてしまい、本当に焦りました。相手の夫はかなり驚き怒っており、私に対しても何かしてくるだろうという気がしました。

それでしばらくたってから、女性の夫から慰謝料請求されてしまったのです。

高額な慰謝料の減額交渉が進まず、新橋第一法律事務所に相談

女性の夫から請求された慰謝料の金額は1000万円と非常に高額でした。もちろん、私に支払えるような金額ではありませんでした。

慰謝料を減額してもらえるように相手と話し合おうとも考えましたが、相手は非常に怒っており、こちらの話は一切聞いてくれないような状況でした。とにかく「1000万円支払え」の一点張りで、交渉にもならなかったのです。

それだけ怒っていた上、話が通じない相手だと感じたため、私一人で何とかなる問題ではないと思いました。また、相手との話し合いがこじれたら、何か嫌がらせしてくるかもしれないという怖さもありました。

そのため、不倫トラブルに対応してくれるような弁護士に依頼しようと考えたのです。
しかし、どこの法律事務所が良いのか分かりません。

そこで、ネットで調べていろいろな法律事務所のHPを見てみたところ、新橋第一法律事務所は実績が豊富で、専門的な情報を積極的に発信していて信頼できそうだったため、依頼することにしました。

ご依頼の結果と解決ポイント

裁判になるも、裁判では、依頼者が謝罪文を提出していたこと、元々の夫婦関係が悪化していたことを丁寧に主張しました。
そして、最終的には大幅に減額(100万円)して解決することができました。

ご依頼者コメント

結局裁判になってしまったのですが、粘り強く交渉してくれて、1000万から100万円まで慰謝料を減額してもらうことができました。
これほど減額できたのは、新橋第一法律事務所の弁護士さんのおかげです。
本当に助かりました。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article