介護職の管理職で残業代が支払われないと聞いていた

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

介護職の管理職で残業代が支払われないと聞いていた

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
不明
職業
管理職
1ヶ月の平均残業時間
81~90時間
回収額
170万円

ご依頼内容

事例16

仕事は朝早くから夜遅くまであったが、会社から管理職のため残業代は出ないと言われていた

私は介護職で働いていました。

仕事は朝早くから夜遅くまであり、介護の仕事だけでなく書類作成も多く、常に仕事に追われるような生活でした。

しかも、会社からは管理職であるため、残業代は出ないと言われていたのです。

管理職だと残業代が出ないということは耳にしたことがありましたが、これだけ働いてこの給料か、と思うとやりきれない思いがあり納得できませんでした。

残業の法律などについてネットで調べていたところ、新橋第一法律事務所を見つけた

そのため、会社を辞めた後に、残業代を請求しようと思ったのです。

そこで、時間がある時に、残業の法律などについてネットで調べていたのですが、そこで見つけたのが新橋第一法律事務所でした。

残業代請求に強いようだったため、まずは無料相談で私の場合も残業代を請求できるのか聞いてみました。

すると、とても丁寧に私の話を聞いてもらえ、管理職と言われている私の場合でも請求できることが分かりました。

そのため、すぐに依頼させていただくことにしたのです。

ご依頼の結果と解決ポイント

相手方は、依頼者が管理監督者に該当するため残業代の支払義務はないと回答してきました。

そのため、残業代が支払われなくなる「管理監督者」とは、会社での肩書で決まるものではなく、社内での権限や、出退勤の裁量、給与の金額などを考慮して、経営者と一体的な立場にあるといえるかどうかによって判断されることを伝えて交渉しました。

今回のケースでは、依頼者に人事権がないことや、会議でも売上げの報告をするくらいで経営に関与していなかったこと、管理監督者の立場に見合った給与が支払われていなかったことなどから、依頼者が管理監督者に該当しないことを主張しました。

その結果、交渉段階で相手方が支払義務を認めて和解を成立させることができました。

ご依頼者コメント

私はほとんど何もすることはありませんでしたが、弁護士の先生がすぐに動いてくれて、170万円の慰謝料を回収してもらうことができました。

あの時はありがとうございました。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article