LINEから夫の不倫が明らかになり慰謝料請求

監修者

弁護士法人新橋第一法律事務所
代表弁護士 住川 佳祐

LINEから夫の不倫が明らかになり慰謝料請求

ご依頼者

女性アイコン
性別
女性
年齢
40代
子供
2人
職業
パート
合意額
140万円

ご依頼内容

事例98後

夫のLINEから同僚の女性との不貞関係にあることが分かり慰謝料請求

私は、夫のLINEから不倫に気づき慰謝料請求しました。

不審に思うようになったのは、夫が、家に帰るのが深夜になったり、朝まで帰らなかったりするようになったためです。
最初は、もともと夫の仕事が不規則だったため、仕事で遅くなっているのだろうと思っていました。

しかし、このようなことが続いたため、疑問を持つようになりある時LINEを見てしまったのです。
すると、夫が同僚の女性と不貞関係にあることが分かりました。

私たち夫婦には子どもも2人おりましたし、長年一緒にいるので本当に驚きました。
まさか夫が不倫するなどと思いもしませんでした。
不倫に気づいてから、心から悲しくなりました。

慰謝料を請求するためネットで検索していたところ、新橋第一法律事務所を見つける

すぐに夫に不倫について問い詰めたところ、夫ははぐらかし、家出してしまいました。
そして、その後音信不通になってしまいました。

そこで、夫の不倫相手の女性に慰謝料を請求するため、どうしたらいいかネットで検索していたところ、新橋第一法律事務所のHPを見つけたのです。

無料相談とあったためすぐに電話してみたところ、私のケースでも慰謝料請求が可能そうだということが分かったため依頼させていただきました。

ご依頼の結果と解決ポイント

相手方は弁護士を立てて、依頼者の夫とホテルには泊まったが、不貞行為はなかったと主張してきました。

そのため、ホテルに同宿した事実は不貞行為の存在を強く推認させることや、不貞関係を裏付けるLINEのやり取りがあることを主張したところ、相手方が交渉段階で支払い(140万円)に応じて和解を成立させることができました。

ご依頼者コメント

依頼後は、相手としっかり交渉していただき、140万円の慰謝料を合意させることができました。
これで気がすむわけではありませんが、少しでも相手に仕返しすることができて良かったです。

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article