不倫慰謝料実績一覧

独身だと聞いていたケース

合コンで知り合った男性とお付き合いしていました。その男性は独身だと聞いていて、本当にそうだと思いこんでいました。

2年間交際し自分の友人にも紹介済みでした。しかし、ある日彼から電話があり「実は既婚だったこと、妻に関係がバレたこと」を打ち明けられ、混乱している時にその奥さんからも電話があり、慰謝料を200万円も請求されたのです。

私は驚きと悲しさで、何日も食事が喉を通りませんでした。しかし、気持ちが落ち着くに連れて、そんなお金は支払えないし、「そもそも自分ももてあそばれた被害者じゃないか」という気持ちが強くなりました。

どうしようかと調べるうちにQUEST法律事務所のHPを見つけ、既婚だと知らなかったなら減額できると書かれているのを見つけました。

詳しく解決ケースが書かれていて信頼できそうだったので、無料相談してみたところ、私の混乱した状態での相談だったにもかかわらず親身に相談に乗ってくださり、減額できるであろう金額や今後の流れについて詳しく教えていただきました。。なんとかしてくれそう!と思い切ってお願いしました。

結果的に、相談からわずか1ヶ月で解決してくださりました。私は地方に住んでいるので、一度も事務所に行くことなく解決できて助かりました。慰謝料は20万円まで減額でき、依頼して本当に良かったと思っています。

解決のポイント!

依頼者は、相手が既婚だと本当に知らなかった上、それを裏付けるやり取りや行動がありました。相手側はなかなか納得してもらえませんでしたが、粘り強く交渉することで20万円まで減額することができました。

夫婦関係は破綻していると聞いていたケース

合コンで知り合った女性と、4年にわたって不倫関係にありました。相手が既婚であることは知っていましたが、夫婦関係は完全に破綻していて別居中だと聞いていました。離婚も考えていると聞いていて、それなら関係を持っても問題ないんじゃないかと思っていたんです。

しかし、ある日一緒に居るところを、相手夫婦の共通の知り合いに見られてしまったようです。後日家のポストに、不倫の証拠と500万円の慰謝料を請求する旨が書かれた手紙が入っていました。

その時はとても驚きましたが、夫婦関係は破綻していると聞いていたのに、私は支払い義務があるのか疑問でした。自分も騙されていたことに腹が立ち、支払いを無視してしまいました。

すると、相手が私の職場に連絡したようで、ある日職場に行くと上司から呼び出され、不倫していたことを理由に解雇されてしまいました。不倫をしたこと、請求を無視したことを心の底から後悔しました。会社の元同僚たちとの縁も切れ、残ったのは500万円の支払いだけ。一時は何もする気になれませんでしたが、本当に自分に支払い義務があるのか調べているうちに、QUEST法律事務所を見つけました。

無料ということだったので電話してみると、親身に相談にのってもらえ、迅速に解決に向かいました。転職活動中で時間もなかったのですが、私の手間はほとんどありませんでした。500万円の慰謝料は100万円まで減額でき、分割払いで少しずつ支払っているところです。

解決のポイント!

依頼者は本当に夫婦関係が破綻していると思っており、それを示す証拠もありました。請求額も相場を超えた高額であったことから、交渉の結果大きく減額することができました。依頼者は忙しいようでしたが空いている日に電話相談や手続きを進め、素早く解決することができました。

数回だけしか肉体関係がなかったケース

職場の直属の上司から妻との関係がうまくいっていないことを聞かされており、何度も飲みに行くうちに肉体関係を数回持ってしまいました。上司だったため、強く誘われると断れなかったのです。

もうやめようと思っていたときに突然上司から電話が来て「妻にバレたから話してほしい」と言われました。動揺しながら電話を受けると、慰謝料を300万円も請求されました。しかも、それだけでなく会社を辞めることまで要求されたのです。

でも、このままじゃ何も解決しないと思い、スマホで調べたところ、QUEST法律事務所を見つけました。HPには、関係を持った回数が少ないと、減額できる可能性があると書かれていました。とてもわかり易くポイントが書かれていて、ここなら何とかしてくれるかもと思い、思い切って相談してみると「要求の全てを飲む必要はない」と親身に教えていただきました。

慰謝料は100万円まで減額でき、会社も辞める必要がなくなりました。事務所に一度も行くことなく、相手にも会うことなく解決できて本当に助かりました。

解決のポイント!

依頼者が決定的な証拠を突きつけられているわけではなく、肉体関係を結んだ回数が少なく、期間も3ヶ月と短かったことから300万円もの請求は高額すぎると判断しました。上司との関係上、強く誘われると断れなかったという理由もポイントです。過去の相場から判断して200万円減額し、退職の要求も取り下げることができました。

同窓会で不倫関係になったケース

大学の同窓会で約10年ぶりに会った友人と不倫をしてしまいました。その後も相手が出張で近くに来る度にずるずると1年以上も関係を持つようになってしまいました。しかし、相手の奥さんが夫の様子に不信感を持って探偵に依頼していたようで、出張時の行動を関しされていたようです。

ある日、相手の奥さんからホテルに出入りする所の写真が郵送で送られてきました。封筒を開けたときは頭が真っ白になり、めまいがしました。幸い同居している両親に気づかれることは避けられましたが、同封されていた紙には400万円もの慰謝料請求が・・・。

とても支払えないし支払うと家族にバレてしまうため、会って話し合うことにしましたが、相手は感情的になっていて、とても話し合いになりませんでした。

そこで対処法をネットで調べた所、QUEST法律事務所のHPを見つけました。私と似たようなケースの解決例が書かれていたため、わらにもすがる思いで相談したところ、弁護士の先生から「減額する余地はありますよ」と言われました。しかも、同居している両親にもバレないように交渉を進めると言って頂いたため、お任せすることにしました。

相談後、わずか3ヶ月で交渉をまとめて頂き、私は時々電話したり郵送したりするだけで、ほとんど手間なく慰謝料も100万円まで減額して頂けました。両親にもバレずに解決できたので本当に良かったです。もう二度と同じ過ちを犯さないようにと心に誓っています。

解決のポイント!

交渉の過程で、相手の夫婦が離婚していないことが分かったため、減額の余地があると判断しました。弁護士である私が代理人になったことから冷静に交渉をすることができ、交渉のみで100万円まで減額でき、依頼者の家族に今回の件が伝わるようなことはしないことを約束させました。

相手の離婚後に慰謝料請求されたケース

自分の妻と関係がうまくいかなかった時期に、同じ部署の部下と関係を持っていました。その部下が最近離婚したのですが、最近になってその部下の夫に不倫していたことがバレたそうで、ある日電話があって「慰謝料500万円を支払え」と恫喝されました。

もうバレる心配はないと安心しきっていたので、心底驚き、勢いに押されて「支払う」と言ってしまいました。

しかし、冷静になると「離婚後でも慰謝料は認められるのだろうか?」と疑問になりました。そこで慰謝料を払う必要があるのか調べていたところ、QUEST法律事務所のHPを見つけたのです。

相談は無料で出来るようだったので相談してみると、弁護士の先生から「離婚後に不倫に気付いて請求しているなら、慰謝料を減額できる可能性が高い」と言われました。

自分の場合、自分も妻がいること、職場不倫だったことから、周囲にバレることが怖かったのですが、無事誰にもバレずに解決して頂けました。慰謝料は50万円まで減額してもらえたので、一括で支払いでき、短期間で解決できてほっとしました。

解決のポイント!

請求相手は、離婚前は不倫の事実に気づいておらず、不倫は離婚の原因とは無関係でした。そのため、慰謝料を大幅に減額することが出来ました。

肉体関係はなかったケース

パート先の年下の社員と仲良くなり何度か飲みに行きました。肉体関係は避けたのですが、何度かキスや抱擁をかわすことはあり、LINEでもカップルのようなやり取りをしていました。一線は越えていないからと自分に言い訳して、気が緩んでいたのだと思います。

ある日、弁護士を名乗る男から電話があり「相手の奥さんから不倫のことで依頼されたこと、慰謝料を200万円支払わなければ、家族や職場に連絡すること」を一方的に告げられました。

相手側は、私達のやり取りのLINEを画像にして証拠にし、肉体関係があるものと決めつけているようでした。まさかバレるとは思っていなかったので、電話口でしばらく声が出ないほど驚きました。

私も後ろめたいことはしていましたし、家族にバレるわけにはいかないと思っていました。しかし、200万円もの大金は持っていません。何とかする方法はないかとネットで調べ、QUEST法律事務所のことを見つけました。

HPには家族にバレない方法もあると書かれていました。本当にそんなやり方できるのかな?と半信半疑で相談したところ「家族にバレないように交渉することは可能ですし、そもそも肉体関係がなかったなら支払いは取り下げられるかもしれない」と言われました。実績も豊富なようだったので、お願いすることにしました。

その後何度か電話や郵便のやり取りをするだけで、本当に相手の請求を取り下げて頂けました。しかも、相手側はあと少し遅ければ本当に家族や職場に連絡していた可能性があったようで、すぐに依頼して本当によかったです。

解決のポイント!

実は、LINEのやりとりだけでは十分な証拠になりません。このケースでは、肉体関係があったことを示す証拠が存在していなかったため、慰謝料請求を取り下げることに成功しました。また、家族や職場にバラすと脅すことは脅迫罪になりますので、それも相手に伝えることで未然に防ぐことができました。

既に慰謝料を支払っていたケース

会社の同僚と「どうせバレないだろう」という軽い気持ちから既婚と知りながらも関係を持っていました。しかし、ある時に不倫相手の言動から、相手の夫が気づいたようで、あっさりとバレてしまいました。

その時は、言われるがまま、慰謝料を150万円支払っていました。しかし、最近になって再び相手の夫から電話があり、「あと100万円支払わなければ 、SNSやネットの掲示板に、不倫のことを全部拡散するぞ」と言われました。

すでに慰謝料を支払っていますし、その後は一切関係を持っていません。これでは理不尽ではないかと思いましたが、「万が一本当にネットに書き込まれてしまったら、私はこれからどうやって生活していけば良いのか?」と不安になりました。悩んだ末、もう専門家に頼るしかないと思い、弁護士を探していた所、QUEST法律事務所の住川先生を見つけました。

解決のポイントなどがHPで詳しく解説してあったため、自分の場合はどうなのかと電話で相談したところ「すでに支払った事実があるなら、再度支払う必要はないこと、ネットに書き込むと脅迫することは、相手の不法行為であること」などを教えて頂きました。

交渉の結果、慰謝料の再度の支払いは、取り下げて頂くことができ、バラすのは犯罪になると強く言って頂いたようで、その後は一切連絡も来なくなりました。慰謝料の減額・免除に強い住川先生に依頼して、本当に良かったです。

解決のポイント!

一度支払っているのに、再度請求することはできないこと、ネットに書き込むのは名誉毀損にあたり、損害賠償請求で返って損することを伝えた結果、相手はすぐに請求を取り下げました。最近では「ネットでバラす」と脅すケースも多いですが、泣き寝入りせず弁護士に相談することが大事です。

不倫慰謝料を減額・免除したいというあなたへ

不倫慰謝料を請求されてしまったあなたは

以下のようなことで
お悩みではありませんか?

こんな人は支払う慰謝料を減額したり、
免除できる可能性があります。

まずはご相談ください!詳しくはこちら

QUEST法律事務所に今すぐお電話ください!

受付時間
年中無休 24時間365日対応
※携帯・PHSからもご利用いただけます。
  • 相談無料
  • 全国対応