交通事故の被害者が絶対に知っておくべき 知識とは?交通事故の被害者が絶対に知っておくべき 知識とは?

交通事故の被害にあうと、「これから何をすればいいんだろう」「お金のことが心配」「後遺症の影響が不安」などさまざまなことで悩みますよね。
交通事故の被害にあった場合に知っておいてほしいのが、「弁護士に依頼せず自分で示談金を請求した」「後遺障害等級の認定に失敗し、妥当な等級が得られなかった」「不当な過失割合にされて、自分の非が大きくされてしまった」
などの場合は、示談金の金額が大幅に減額されてしまうことがあるということです。
そこでこのページでは、1円でも多くの示談金を得られるように、「示談」「慰謝料」「死亡・後遺症」「慰謝料の3つの基準」「部位別の症状」「弁護士」などについて詳しく解説したページを紹介します。

交通事故の示談について

交通事故で被害を被った場合、その多くは「示談」によって解決されます。ただし、示談するタイミングや示談する場合にやっておくべきことなど、注意点がありますので、これから紹介する記事を参考にして行動してください。

交通事故の示談尾ポイント

この記事を読む

交通事故の示談とは?もしもの時の為に知っておきたい正しい意味と大切なポイント

交通事故の示談について、「保険会社からの連絡を待てばいいだろう」と受け身に考えていませんか?実は、保険会社は早めに示談を提案して治療費を少なくすませようとしたり、示談金額を少なく提示してくることがあります。そのため、この記事で紹介するポイントを押さえて、損しないように示談を進めることが大事です。

この記事を読む

交通事故の示談金相場一覧

この記事を読む

【交通事故の示談金相場】1円でも多く請求する方法を弁護士が解説

交通事故の示談金には、実は3つの計算基準があります。あなたが知っておくべきなのは、「自分で請求した場合」は示談金が最小になり、「弁護士に依頼した場合」は示談金が最大になる可能性が高いということです。また、示談金は項目によって相場がありますので、この記事では示談金の相場と1円でも多く請求する方法を説明しています。

この記事を読む

もっと詳しく知りたい方はこちら

交通事故の慰謝料について

交通事故の被害にあうと、事故によるさまざまな精神的苦痛に対して補償がなされます。これが慰謝料です。請求を始める前に、基本的な知識を身に付けておきましょう。

交通事故の慰謝料のポイント

この記事を読む

【弁護士が解説】交通事故の慰謝料を1円でも多くもらうための全知識

交通事故の慰謝料には、「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つがあり、それぞれにもらえる条件があります。また、慰謝料は示談金の中でも高額になることが多い項目です。ただし、保険会社の言うままに示談すると、大幅に少なくなることがあります。慰謝料の基礎知識についてはこの記事をご覧ください。

この記事を読む

交通事故の慰謝料相場’

この記事を読む

【症状別一覧つき】交通事故の慰謝料相場と金額アップのポイント

交通事故の3つの慰謝料には、それぞれ「自分だけで請求した場合」と「弁護士に依頼した場合」の相場があり、弁護士に依頼した場合の方が大幅に高額になります。また、症状によっても慰謝料の金額が決まっていますので、この記事では症状別の慰謝料相場と高額請求するポイント、増額されるケースなどについて詳しく説明しています。

この記事を読む

もっと詳しく知りたい方はこちら

交通事故での死亡・後遺症について

交通事故でひどい怪我をして後遺症が残った、もしくは親族が死亡してしまった、などの場合は特に知っておくべきポイントがあります。以下の記事を、これから行動する上で参考にしてください。

交通事故で被害者が死亡した場合のポイント

この記事を読む

【時系列】交通事故で家族が死亡した場合にやるべきことと示談金相場

交通事故で親族が死亡してしまった場合、悲しみがある中でたくさんのことをやらなければならず大変ですよね。親族が死亡してしまった場合も、適切な行動を取らなければもらえる示談金が少なくなることがあります。この記事では、交通事故で被害者が死亡してしまった場合のやるべきことと、妥当な示談金をもらうポイントなどを詳しく解説しています。

この記事を読む

交通事故の後遺障害

この記事を読む

【時系列】交通事故で後遺障害が残った時にやるべきこと

交通事故で後遺症が残ると、治療費や今後の生活、仕事など不安なことがたくさんあると思います。知っておいて頂きたいのが、後遺症に「後遺障害等級」が認められた場合は高額の慰謝料がもらえるのに対し、認められなければ後遺障害慰謝料が0円になるということです。この記事では、後遺症が残ってしまった場合にやるべきことやもらえるお金について基礎的なことから詳しく解説しています。

この記事を読む

もっと詳しく知りたい方はこちら

交通事故慰謝料の3つの基準について

交通事故の弁護士について

交通事故で1円でも多く示談金をもらうためには、弁護士に依頼することが大事です。弁護士に依頼する上で知っておくべきなのは、「弁護士費用」や「弁護士の選び方」などです。ここで詳しく説明します。

交通事故の弁護士依頼のポイント

この記事を読む

【保存版】交通事故に強い弁護士の選び方と0円で依頼する方法を解説

そもそも「弁護士に依頼すべきか悩む」という場合もあるかもしれませんが、弁護士に依頼することには「示談金が高額になる」「手間、時間、ストレスが最小限になる」など多くのメリットがあります。ただし、弁護士は誰でもいいわけではなく、「交通事故被害者救済に強い弁護士」を選ぶことが大事です。この記事では、弁護士のメリットや選び方、依頼の流れや依頼前の準備などを解説しています。

この記事を読む

交通事故の弁護士費用のポイント

この記事を読む

【事例別】交通事故の弁護士費用を最大限安くおさえる方法を徹底解説

交通事故の対応は、「弁護士費用特約」という仕組みを利用することで、あなたの負担が「0円」で弁護士に依頼できることがあります。特約は利用できる人とできない人がいますが、もし利用できなくても「後払い」「増額保証」などの仕組みを導入している事務所もあります。弁護士費用について詳しく知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

この記事を読む

交通事故でのその他の必須知識について

交通事故の後遺障害等級について

後遺障害等級には1級~14級のものがあり、それぞれに認定基準や慰謝料の基準があります。等級別に詳しく解説していますので、以下の記事を参考にしてください。

後遺障害等級13級の各症状と慰謝料相場

この記事を読む

【弁護士が解説】交通事故の後遺障害等級13級各症状と慰謝料相場

交通事故による後遺障害等級13級の各号の症状、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料と3つの算出基準、その他の損害賠償金について解説しています。さらに、後遺障害等級認定までの流れやポイント、弁護士に依頼するメリットについても詳しく解説しますので、これからの行動の参考にしてください。

この記事を読む

【弁護士が解説】交通事故の後遺障害等級12級各症状と慰謝料相場

この記事を読む

【弁護士が解説】交通事故の後遺障害等級12級各症状と慰謝料相場

交通事故による後遺障害等級12級の各号の症状、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料と3つの算出基準、その他の損害賠償金について解説しています。さらに、後遺障害等級認定までの流れやポイント、弁護士に依頼するメリットについても詳しく解説しますので、これからの行動の参考にしてください。

この記事を読む

後遺障害等級11級の各号症状と慰謝料相場

この記事を読む

【弁護士が解説】交通事故の後遺障害等級11級各症状と慰謝料相場

交通事故による後遺障害等級11級の各号の症状、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料と3つの算出基準、その他の損害賠償金について解説しています。さらに、後遺障害等級認定までの流れやポイント、弁護士に依頼するメリットについても詳しく解説していますので、参考にしてください。

この記事を読む

もっと詳しく知りたい方はこちら

交通事故の体の部位別の後遺症について

「背骨」「鎖骨」「手首」など部位別の後遺障害等級や慰謝料等について知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。部位別に詳しく解説しています。

背骨後遺症のポイント

この記事を読む

【弁護士が解説】背骨の後遺症の後遺障害等級と慰謝料請求のポイント

背骨に後遺症が残った場合、後遺障害の度合いによって6級、8級、11級の後遺障害等級が認定される場合があります。等級は後遺症の内容によって異なります。等級によって慰謝料や逸失利益の金額が大幅に違ってきますので、この記事で詳しく解説しています。

この記事を読む

この記事を読む

【骨盤の骨折の後遺症】4つの障害と慰謝料相場を弁護士が徹底解説

交通事故で骨盤を骨折した場合、あり得る後遺症は4つです。それぞれに認定される後遺障害等級があり慰謝料の相場が異なります。等級が変わると慰謝料が大きく異なるため、この記事で解説するこれからやるべきことの流れや認定基準を知った上で行動しましょう。

この記事を読む

この記事を読む

【鎖骨の骨折の後遺症】3つの障害と慰謝料相場を弁護士が徹底解説

鎖骨を骨折すると、変形や肩の可動域の制限、神経症状などの後遺症が残る場合があります。後遺症が残った場合は後遺障害等級が認定され、慰謝料が支払われる可能性があります。この記事で紹介するポイントを押さえて、損しないように行動をはじめましょう。

この記事を読む

もっと詳しく知りたい方はこちら