クエストリーガルラボとは

当メディア「クエストリーガルラボ」は、様々な法律トラブルから読者を救うために、法律の知識を最大限分かりやすく解説することを目的としたメディアであり、QUEST(クエスト)法律事務所代表弁護士の私、住川佳祐がすべての記事を監修して運営をしています。 

現在の日本社会のルールは法律です。ルールが法律である以上、ルール(法律)を知らないと様々なトラブルで不利な立場に置かれてしまいます。 

法律の知識がないと不利な立場に置かれる

たとえば、労働問題では、労働者と経営者の間に法律に関する情報格差があります。ブラック企業の経営者は、あなたが法律に関して無知なのを良いことに、 法律を悪用して、あなたに長時間労働やサービス残業を強いています。 

法律を知らない労働者は経営者に使い倒される

不倫・男女問題でも、被害者と加害者の間に情報格差が生まれます。

もしあなたが不倫慰謝料を請求したい場合、法律に無知だと証拠が不十分で慰謝料がもらえなかったり、もらえても本来もらえる額よりずっと少ない金額になってしまうことがあります。 

逆にあなたが不倫慰謝料を請求されている場合、法外な慰謝料を請求されていることに気づかず、本来支払う必要のないような高額の慰謝料を支払ってしまうケースもあります。 

法律を知らないと不倫で法外な慰謝料を払ってしまう

交通事故のトラブルでは、加害者の保険会社と被害者の間に情報格差が生まれます。保険会社は豊富な法律知識を武器に、できるだけ低い慰謝料で話をまとめようとする傾向があります。そのため、被害者であるあなたが本来受け取れるはずの金額よりずっと少ない金額の慰謝料しかもらえないというケースも多いのです。 

法律を知らないと交通事故で少ない慰謝料しかもらえないことがある

このように、様々な法律トラブルにおいて、法律の知識を持っていないだけで大きな損をしてしまう可能性があるのです。

そこで私は、誰にでも分かりやすく法律を解説することで、一人でも多くの方が情報格差によって損をすることのないような社会を実現したいと強く思うようになりました。

クエストリーガルラボを通じて知識を得て情報格差を是正する

 こうした想いで立ち上げたのが当メディア「クエストリーガルラボ」です。

もしあなたが、何かのトラブルに巻き込まれている場合、ぜひ当メディアの記事を読んで法律の知識を付け、解決に向けた正しい行動ができることを願っています。