探偵と弁護士の違い|ケース別の選び方と、不倫に強い事務所の特徴

この記事の著者情報

住川 佳祐
(弁護士法人QUEST法律事務所 代表弁護士)

著者情報 弁護士法人QUEST法律事務所 代表弁護士 住川佳祐

東京弁護士会所属。東京大学法学部卒。『NHK あさイチ』のTV出演の他、『プレジデント』『ダイヤモンド・セレクト』などメディア掲載多数。弁護士法人QUEST法律事務所のHPはこちら。

探偵と弁護士の役割の違い

あなたは、

  • 探偵と弁護士の違いについて知りたい
  • 探偵と弁護士のどちらに相談すべきか知りたい
  • 不倫や浮気に強い探偵や弁護士を選びたい

とお考えではありませんか?

このような点を知ることで、あなたが抱えている不倫や浮気の問題が解決したら嬉しいですよね。

結論から言えば、探偵と弁護士の違いは、証拠収集と法的手続きの代理にあります。

そして、多くの場合は、不倫の問題を自分で取り組むのはオススメではなく、不倫や浮気に強い探偵や弁護士を選ぶのがオススメです。

なぜなら、探偵は合法的な手段を用いて証拠収集に専念するのに対して、弁護士はあらゆる種類の法的手続きを代理してくれるので、不倫の問題の解決については力強い味方となってくれるからです。

この記事を読むことで、「探偵と弁護士の違い」と「探偵と弁護士のどちらに相談すべきか」が分かります。

そこで、この記事では、

1章で、探偵と弁護士の違い

2章で、【ケース別】探偵と弁護士のどちらに相談すべきか

3章で、不倫や浮気に強い探偵事務所を選ぶポイント

4章で、不倫や浮気に強い弁護士を選ぶポイント

について説明します。

この記事を読んで、あなたが不倫や浮気の問題を解決する方法を確認しましょう。

慰謝料を減額・回避する方法慰謝料を減額・回避する方法を見る
不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

1章:探偵と弁護士の違い

探偵と弁護士の違いは、

  • 「証拠集め」をするのが探偵
  • 「法的手続きの代理」をするのが弁護士

という役割分担があります。

それぞれ説明します。

1-1: 探偵とは「証拠集め」をする人

探偵とは「証拠集め」をする人

探偵は、一言で言えば個人や企業などから依頼を受けて、様々な調査や証拠収集を行う職業です。

不倫や浮気はもちろんのこと、行動・素行調査、人探しや家出捜索、盗聴器捜索なども扱っています。

その調査方法は、探偵業法によって、「尾行・張り込み・聞き込み」と指定されています。

そのため、探偵は不倫・浮気調査をする場合、これらの合法的な方法で、動画や写真撮影によって証拠収集を行います

尾行や写真撮影は、たとえ素人にできたとしても、必ずしも決定的な証拠となるとは限りません。

ただ二人切りでいるところを撮影できたとしても、言い逃れの余地はいくらでも生まれるからです。

なお、探偵の役割は「証拠集め」に限定されており、依頼者以外の誰かと、直接法的に関与する手続きは行えません。

つまり、法廷での代理人になったり、法律相談・交渉・示談・書類作成といった各種法律事務を請け負ったりすることはできないのです。

1-2:弁護士とは「法的手続きの代理」をする人

弁護士とは「法的手続きの代理」をする人

弁護士は、探偵が集めた証拠をもとに、慰謝料請求などの法的措置を取ることが仕事です。

また、あらゆる種類の法律事務を制約なく行えます。

具体的には、依頼者の代理人として、不倫相手と交渉したり、離婚の裁判に出廷したりできます

他にも、書類作成や交渉・示談といった各種事務を請け負えるだけでなく、簡易~最高裁判所まで、裁判の種類を問わず代理人として行動できます。

弁護士は、第三者の住民票や戸籍謄本などの、請求・取得が認められています。

また、「弁護士会照会」を行使し、官公庁、企業、事業所などに照会を行い、個人情報などを開示させることが可能です。

このような権利を行使しながら、弁護士は不倫・浮気をめぐる法的措置を進めます。

なお、尾行や張り込みによる調査は、探偵の役割であり、弁護士は実際にはまず行いません。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

2章:【ケース別】探偵と弁護士のどちらに相談すべきか

探偵と弁護士のどちらに相談すべきかについては、

  • 探偵にだけ相談すべきケース
  • 弁護士にだけ相談すべきケース
  • 探偵と弁護士の両方に相談すべきケース

があります。

それぞれ説明します。

2-1:探偵にだけ相談すべきケース

探偵にだけ相談すべきケース

探偵の役割は「証拠集め」である以上、探偵に相談した方がよいのは、「証拠が必要なとき」です。

たとえば、配偶者に不倫の兆候が見られるものの、確実な証拠がないというケースは少なくありません。

しかし、探偵に調査を依頼すれば、高い確率で不倫の証拠を入手できます。

そのうえで、誰の手も借りず1人で最後まで戦いたいのであれば、探偵に依頼するだけでよいでしょう。

ただし、相手方は弁護士を立てる可能性が高いので、あなたの側も対等に戦うために、弁護士を選ぶことを強くおすすめします。

2-2:弁護士にだけ相談すべきケース

弁護士にだけ相談すべきケース

すでに確実な証拠が揃っている場合」は、探偵に相談する必要はなく、弁護士にだけ相談すれば十分です。

探偵の仕事は、原則として証拠の入手までであり、慰謝料請求や裁判などの代理人になることはできないからです。

なお、証拠が状況証拠にとどまる場合でも、小さな証拠を積み重ねることで、不倫を認めさせられる可能性があります。

ただし、状況証拠が決定打となるかは、弁護士でなければ判断できないため、弁護士への相談は必要です。

そして、ラブホテルに出入りしている写真など、法的に効力のある証拠を入手している場合、証拠を突きつけて浮気を認めさせ、それ以降は弁護士のサポートを受ければよいです。

具体的には、弁護士を立てることで、不倫相手に慰謝料を払わせることが可能です。

また、離婚の手続きをスムーズに進めることもできます。

話し合いが平行線に終わる場合、弁護士に依頼し、相手とのやり取りを一任するのがおすすめです。

離婚にあたっては、不倫の慰謝料のみならず、財産分与や養育費の問題もあります。

弁護士であれば、少しでも有利な条件で離婚が成立するように、相手方と交渉を行ってくれます。

2-3:探偵と弁護士の両方に相談すべきケース

探偵と弁護士の両方に相談すべきケース

証拠集めの段階から離婚調停の手続きまで、最初から最後までプロに任せたい場合は、探偵と弁護士の両方に相談するのがオススメです。

プロに任せれば、証拠集めの段階でつまずいたり、手続きのミスをしたりする心配もありません。

逆に、自分1人で進めると、法的に有効でない証拠しか集められなかったり、言い逃れされそうになったりする可能性もあります。

また、慰謝料をしっかりと請求し、速やかに浮気問題を解決したい場合も、探偵と弁護士の両方に相談すべきです。

探偵は不倫を認めさせるために必要な証拠集めに専念し、弁護士は法的な交渉を代行することで、適切な慰謝料を請求できます。

プロに一任すれば、自分で交渉するよりも成功率や金額は高くなるでしょう。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

3章:不倫や浮気に強い、探偵事務所を選ぶポイント

不倫や浮気に強い探偵事務所を選ぶポイントは、費用面にあります。

高額の費用をかけた結果、請求した慰謝料の額を超えてしまったら、元も子もありません。

そのため、ここでは浮気調査について、費用の仕組み、費用の相場、費用を抑えるポイントについて説明します。

3-1:探偵事務所の料金体系を知る

浮気調査の主な費用は、調査員の人件費です。

人件費は、「時間単価×調査員の人数」で計算されます。

つまり、調査時間、調査員の人数が増えると、費用も多くなります。

浮気調査の費用体系は、

  • 時間制
  • パック性・定額制
  • 成功報酬制

があります。

それぞれ説明します。

■時間制

時間制は、1時間あたりの調査費用を計算する仕組みです。

つまり、調査時間が長くなればなるほど、費用は増えます。

逆に言えば、配偶者が浮気相手と会う日が特定できる場合、時間制を選べば、浮気調査の費用を抑えられます。

■パック制・定額制

パック制・定額制は、浮気調査の時間について、〇〇時間で〇〇万円というように、時間と費用が一体化している料金体系です。

費用の上限は決められており、時間制よりも割安の費用になります。

ただし、パックの時間のすべてを使わなかった場合、返金をしてくれるかは会社によって異なります。

■成功報酬制

成功報酬制は、浮気調査が成功した場合にだけ報酬が発生するという料金体系です。

この料金体系を設けている探偵事務所は、少数派です。

この成功報酬制には、着手金と成功報酬に分けるものと、成功しなかった場合には浮気調査の費用は一切かからないというものに分かれます。

リスクを探偵側が負うため、調査費用は高額に設定されていることが多いです。

なお、浮気の慰謝料請求には、浮気相手の氏名と住所が必要です。

これらの調査についても「成功」の対象になっているのかを確認しましょう。

3-2:浮気調査の適正な費用相場を知る

次に、浮気調査の費用相場について説明します。

調査費用の相場は、1時間2万円ほどです。

たとえば、1日6時間の調査を3日間行った場合、費用は50万円が相場で、10日間行った場合は150万円ほどが相場です。

このような相場と比べて、極端に高かったり安かったりする場合、何らかの問題がある会社や契約の可能性があります。

そのため、入念な検討が必要です。

3-3:浮気調査の費用を抑えるポイントを知る

浮気調査の費用を抑えるポイントを知る

浮気調査の費用を抑えるポイントについて説明します。

■3社以上に相見積もりを取る

まず、相見積もりを取ることが挙げられます。

探偵業者は大手から小規模業者まで数多くあるので、最低でも3社は問い合わせをしましょう。

そして、各社のサービス内容や費用について比較分析し、もっとも適切と思えるところに依頼をしましょう。

■依頼する日を絞り込む

次に、依頼する日を絞り込むことが挙げられます。

どのような料金体系にせよ、費用は調査時間が長くなるほど高くなるので、なるべく短時間に絞り込むことが必要です。

そのために、配偶者の携帯電話をチェックするなど、入手可能な証拠をもとに、浮気相手と会う日を特定します。

そのうえで、その日に浮気調査を入れれば、費用が20万円以下に収まることもあります。

■入手した証拠を弁護士に見てもらう

ラブホテルに出入りする証拠は、1回取れた時点で弁護士にそれで十分かを確認するとよいでしょう。

取れた証拠の内容によっては、証明が不十分なケースがあるからです。

探偵事務所によっては、1回だけでは言い逃れの余地があるから、最低でも2回分の証拠が必要であるとして、追加調査を依頼するよう求める場合があります。

しかし、基本的に1回の証拠であっても、裁判所は浮気を認めます。

同様の証拠が2回分あったとしても、浮気の証明度が上がったり、慰謝料の金額が上がったりするものではありません。

■慰謝料の金額を踏まえて調査費用を決める

そして、慰謝料の金額を踏まえて調査費用を決めましょう。

得られる慰謝料の金額よりも、浮気調査の費用の方が高くなってしまっては本末転倒です。

そのため、探偵に調査を依頼する前に、弁護士に慰謝料の金額の目安を確認し、それを踏まえて費用の上限を決めるべきです。

離婚をしない場合には、浮気調査に100万円以上をかけると、赤字になる可能性が高くなります。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

4章:不倫や浮気に強い、弁護士を選ぶポイント

不倫や浮気に強い弁護士を選ぶポイント

 結論から言えば、不倫や浮気に強い弁護士を選ぶポイントは、次の4つです。

  • 不倫慰謝料請求の実績が多い
  • 依頼前に請求できる相場を答えてくれる
  • 相談をしっかり聞いてくれる
  • 家族や職場にバレないように交渉を進めてくれる

それぞれ説明します。

■不倫慰謝料請求の実績が多い

法律事務所のホームページを見て、目安として50件以上の実績があれば、不倫トラブルに強いと判断できます。

ただし、「裁判の実績」だけを多く掲げている場合は、避けるべきです。

なぜなら、不倫の慰謝料請求において、裁判は「最終手段」で、本当に実力のある弁護士なら、「裁判外の交渉」で決着を付けることが多いからです。

もちろん、場合によっては裁判をしなければなりません。

しかし、裁判に訴えることの良し悪しはケースバイケースなので、不倫トラブルに強い弁護士は、依頼者のメリットを考えて慰謝料請求を行います。

■依頼前に請求できる相場を答えてくれる

不倫の慰謝料請求の金額は、過去の判例から相場があります。

そのため、実績が豊富な弁護士なら、そのような相場に照らして「自分の場合は、慰謝料がおおよそいくらになるのか」という質問に、丁寧に回答できます。

もし、あなたの事情に寄り添って相場を説明してくれるなら、その弁護士は不倫や浮気に強い弁護士であると判断できます。

■相談をしっかり聞いてくれる

相談に的確に答えてくれるかどうかは、判断基準の一つです。

弁護士によっては、慰謝料の請求相手に要求したいことに対し、明確に答えてくれないことがあります

もちろん、法律や過去の判例から、相手に認めさせられること、認めさせられないことはある程度決まっています。

しかし、それでも慰謝料請求に強い弁護士なら、しっかりとした根拠で「できるか、できないか」を答えてくれるはずです。

■家族や職場にバレないように交渉を進めてくれる

不倫や浮気に強い弁護士の場合、家族や職場にバレないように交渉を進められます。

不倫トラブルでは、互いに感情的になり、どちらか一方が「家族や職場にバラす」と脅迫してくることがあります。

経験豊富な弁護士なら、不倫相手との交渉において、相手を落ち着かせながら、金額だけはきっちり回収するというノウハウに長けています。

そうすることで、家族や職場にバレないように交渉を進められるのです。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

【慰謝料請求に強い弁護士の特徴とは?】選ぶ基準を現役弁護士が解説

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

まとめ:探偵と弁護士は役割が違う。適切な方に相談しよう

 結論として、探偵と弁護士には、不倫調査において役割分担があります。

■探偵

尾行・張り込み・聞き込みといった合法的手段で、証拠収集を行う

■弁護士

依頼者の代理人として、あらゆる種類の法的手続きを行う

そして、不倫調査に強い探偵や弁護士を選ぶことは可能です。

具体的な選び方は、以下のとおりです。

探偵事務所の費用を安く抑えるポイント

  • 相見積もりを取る
  • 依頼する日を絞り込む
  • パック制・定額制の料金体系にする

弁護士の選び方

  • 不倫慰謝料請求の実績が多い
  • 依頼前に請求できる相場に答えてくれる
  • 相談をしっかり聞いてくれる
  • 家族や職場にバレないように交渉を進めてくれる

不倫問題をなるべく早く解決したい場合は、自分一人で抱え込むのでなく、探偵や弁護士に依頼することで、その問題が円滑に解決しやすくなります。

当メディアを運営する弁護士法人QUEST法律事務所では、証拠集めからサポートしています。

相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

×

かんたん慰謝料シミュレーター

あなたの状況に当てはまる項目を選択して、
計算ボタンを押してください。
※複数選択不可

慰謝料の請求必須
婚姻期間必須
未成年の子供の有無必須
従前の婚姻関係必須
不貞期間必須
不貞回数必須
不貞行為によって離婚又は別居したか必須
不貞行為によって妊娠したことがあるか必須
計算する

不倫慰謝料の計算結果

※当事務所の弁護士監修のもと独自の計算式で算出しております。結果はあくまでも目安です。

10000000

不倫慰謝料計算機で算出された数値は、
あなたが請求できる、または請求される慰謝料の相場額です。
実際の金額は、不倫の程度や証拠の有無などにより増額・減額します。
不倫相手への慰謝料請求やスムーズな支払いを希望される場合は、
弁護士への相談・依頼を検討してください。

かんたん慰謝料シミュレーター

匿名個人情報なし
弁護士に相談・依頼・示談交渉など
色々とれる行動はありますが、まずは、
事前に慰謝料相場をチェックしてみましょう!

慰謝料計算はこちら