不倫相手の名前・住所・証拠の調べ方と、慰謝料請求の3ステップ

監修者

弁護士法人QUEST法律事務所
住川 佳祐

不倫相手の名前・住所・証拠の調べ方と、慰謝料請求の3ステップ

あなたは、

  • 配偶者の不倫相手の名前を調べる方法が知りたい
  • 不倫相手の名前以外の情報を集めたい
  • 慰謝料を請求するには不倫相手の名前以外にどのような情報が必要なのか知りたい

などとお考えではありませんか?

結論として、慰謝料を請求するには、不倫相手の名前・住所・証拠という3つの情報が必要です。

慰謝料を請求するのに不倫相手と連絡を取る必要があるからです。

しかし、配偶者の不倫に気づいたばかりだと不倫相手のことをあまり知らないですよね。

不倫相手について調査する方法は大きく分けて以下の2つに分けられます。

  • 自身で調べる方法
  • 弁護士・探偵に依頼する方法

この記事を読めば、慰謝料を請求するのに必要な情報の集め方や、不倫相手に慰謝料を請求する方法がわかり、すぐに行動に移せます。

不倫相手の情報がなくても慰謝料を請求したいときの、参考にできるでしょう。

具体的には、

1章では、慰謝料請求には「不倫相手の名前」以外に2つ情報が必要なこと、

2章では、不倫相手の名前・住所・証拠などの情報を集める方法、

3章では、情報を集めた後の慰謝料請求の流れ3ステップ、

4章では、自分でやるより弁護士・探偵に相談するのがオススメな理由

について詳しく説明します。

この記事を読んで、不倫相手の情報を集め、慰謝料を請求しましょう。

不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください
不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください

 1章:慰謝料請求には「不倫相手の名前」以外に2つ情報が必要

慰謝料の請求が認められるには以下の3つの情報が必要です。

  • 不倫相手の名前
  • 不倫相手の住所
  • 不倫の証拠

それぞれ解説します。

1-1:【必要な情報①】不倫相手の名前

慰謝料を請求するには、不倫相手のフルネームが必要です。

名前を知らなければ、慰謝料請求の書類が作成できないからです。

ネットやLINEを見て、アカウント名や下の名前のみの情報しか知らないケースでは、慰謝料の請求は難しいでしょう。

ネットやLINEのアカウント名が、フルネームだとは限らないので注意しましょう。

また、配偶者が不倫相手を守るために、相手のアカウント名を変更して登録している可能性もあります。

氏名の一部すらわからない場合、不倫相手の名前を調べるのは難しいです。

しかし、住所や勤め先を知っていれば、表札やネームプレートから相手の名前を調べられます。

弁護士などの専門家は一部の情報から名前を調べられるので、フルネームを知らなくても慰謝料請求を諦める必要はありません。

1-2:【必要な情報②】不倫相手の住所

住所は、慰謝料請求をするうえで非常に重要です。

住所がわからなければ、慰謝料を請求する際に相手に書面を送ることができないからです。

住所は慰謝料請求するときに必要なだけでなく、不倫の証拠をつかむのにも役に立つでしょう。

慰謝料を請求するときには、住民票に記載されている住所が必要です。

しかし、住民票に記載されている住所に住んでいないケースでは、実際に住んでいる住所が必要なので注意しましょう。

住所を知らなくても、職場の住所を知っていれば慰謝料請求の書類を送れるので、慰謝料請求することは可能です。

しかし、職場に書類を送る際、名誉棄損・プライバシー権の侵害を避けるための知識が必要です。

逆に慰謝料を請求されないためにも、弁護士からアドバイスを受けることがオススメです。

1-3:【必要な情報③】不倫の証拠

相手方が不倫の事実を否定した場合、証拠がなければ不倫していたことが認められず、慰謝料請求も認められません。

慰謝料請求に使える具体的な不倫の証拠は以下のとおりです。

  • 写真や動画
  • 肉体関係があったことのわかるメールやLINE
  • 音声データ
  • ラブホテルの領収書
  • 探偵・興信所のレポート

「肉体関係があったことを直接確認できる、または推測できる」ことがポイントです。

そのため、単なる日常会話としてのLINEのやりとりや、プレゼントの領収書などでは不倫の証拠としては足りません。

有効な証拠がないと不倫相手が慰謝料請求に応じない可能性が高いので、証拠を集める際に注意しましょう。

可能であれば、他に以下の証拠も用意しましょう。

  • 不倫のせいで夫婦関係が破綻した証拠
  • 精神的苦痛を受けた証拠

2章:不倫相手の名前・住所・証拠などの情報を集める方法

不倫相手の名前・住所・証拠を集める方法は、以下の方法などがあります。

  • 配偶者のスマホを借りてLINEやSNSを調べる
  • 不倫相手を尾行する
  • 弁護士や探偵に相談する
  • 配偶者に直接聞く

それぞれ説明します。

2-1:名前を特定する方法

不倫相手の名前を特定する方法は、以下のとおりです。

  • 不倫相手の住所から表札を調べる
  • 配偶者のスマホを借りてLINEやSNSを調べる
  • 弁護士や探偵に相談する
  • 配偶者に直接聞く

自身で不倫相手の名前を特定する場合、住所がわかれば特定できる可能性があります。

自身で調べるのは難しくても、弁護士は電話番号や住所がわかれば名前を調べられます。

直接聞くと配偶者にバレてしまいますが、答えてくれそうな場合は有効です。

2-2:住所を特定する方法

不倫相手の住所を特定する方法は、以下のとおりです。

  • 不倫相手を尾行する
  • 固定電話の番号から市外局番を調べて特定する
  • 弁護士や探偵に相談する
  • 配偶者に直接聞く

相手の名前しかわからないケースでも、尾行をすれば詳しい住所がわかります。

市外局番を調べれば、大体の住所も把握できるでしょう。

固定電話の番号がわからなくても、弁護士はスマホの電話番号やキャリアメールから住所を特定できます。

なお、不倫相手について何も情報がないケースでは、探偵に依頼するのがオススメです。

探偵は張り込みや尾行など、情報が何もなくても行える調査を得意としているからです。

依頼するのであれば、不倫や浮気調査の実績がある探偵事務所に依頼しましょう。

2-3:証拠を集める方法

慰謝料を請求するには、不倫の確実な証拠が必要です。

証拠がなければ相手にされず、訴訟したとしても相手が素直に認めない限り請求は認められません。

不倫の確実な証拠を集める方法は、以下のとおりです。

  • 配偶者と不倫相手を尾行する
  • 配偶者のスマホを調べる
  • ゴミ箱からラブホテルの領収書を探す
  • 弁護士や探偵に相談する

ただし、態様によっては違法になってしまう可能性があります。

自身で証拠を集めるのは、配偶者や不倫相手にバレて、逆に訴訟される可能性があるので注意が必要です。

調査をするときは、細心の注意を払うか専門家に依頼するようにしましょう。

3章:情報を集めた後の慰謝料請求の流れ3ステップ

名前・住所・証拠といった情報が集まったら、慰謝料請求できます。

慰謝料は、以下の3ステップで請求しましょう。

  • 内容証明郵便を送付する
  • 相手と交渉する
  • 訴訟(裁判)をする

それぞれ解説します。

3-1:①内容証明郵便を送付する

証拠が集まった後、最初に内容証明郵便を送付しましょう。

※内容証明郵便とは、どのような内容の文書が差し出されたかということを証明できる郵便のことです。

内容証明郵便を使うメリットは、以下のとおりです。

  • 書類の内容だけでなく送った時期、誰から誰に送ったかという記録も残る
  • 返事が来るまで時間があるので戦略を練れる
  • 本気度が伝わる

内容証明郵便の書類は自身で作成できますが、内容に不備のある書類を作成してしまう可能性があります。

内容証明郵便の準備は、弁護士に依頼することもできます。

弁護士に依頼した場合、不備のないように書類を作成してくれるだけでなく、次の法的措置をスムーズに行えます。

また、相手の職場に送付するのは名誉棄損・プライバシー権の侵害にあたる可能性があるので、自身の判断で安易に送らないようにしましょう。

3-2:②相手と交渉する

内容証明郵便を送り、返事がきたら示談交渉を行います。

示談交渉では、以下の内容を話し合いで決めます。

  • 慰謝料の金額
  • 支払い方法・支払い期限
  • 配偶者と不倫相手の接触禁止

示談交渉は、原則として自身か弁護士しかできません。

法律の知識があっても弁護士資格がなければ、代理人として示談交渉することは許されません。

弁護士法に抵触するからです。

また、示談交渉した際は、忘れずに示談書を作成しましょう。

※示談書とは、示談で交渉した内容をまとめた書類のことです。

示談書があれば、相手が示談で不倫の事実や慰謝料の支払いを認めたのに、後から否定する事態を避けられます。

3-3:③訴訟(裁判)をする

ステップ①・②の段階で相手が支払い拒否、無視、慰謝料の金額に合意しないなど、相手との交渉がまとまらないケースもあります。

相手との交渉がまとまらない場合、訴訟(裁判)することを考えましょう。

裁判での判決には強制力があるため、相手に支払い拒否や無視をされる心配はありません。

ただし、裁判に勝つには、不倫の確実な証拠が必要です。

また、訴訟をするには複雑な手続きが必要なので、訴訟する場合は弁護士に依頼するのがオススメです。

4章:自分でやるより弁護士・探偵に相談するのがオススメな理由

調査や慰謝料請求は、自身で行うこともできます。

しかし結論を言うと、弁護士や探偵に相談・依頼することがオススメです。

理由は、以下のとおりです。

  • 素人には調べられない情報を調べられるから
  • 違法行為を行う可能性がほぼないから
  • 代理人としてすべての手続きをしてくれるから

それぞれ解説します。

4-1:素人には調べられない情報を調べられるから

自身でも情報を集められますが、素人が調査できることには限界があります。

弁護士は「弁護士法23条照会」、探偵は「探偵業法」を利用できるため、住所などの重要な情報を問い合わせられます。

※弁護士法23条照会とは、弁護士が機関や個人に対して必要な情報を照会できる制度です。

電話番号がわかっていれば、弁護士は通信会社に問い合わせて氏名や住所を開示できます。

以下の口コミにあるとおり、不倫相手の名前だけで弁護士照会をするのは難しいケースも多いです。

 

相手が特定できていない場合、どんな情報があれば弁護士照会ができるか、弁護士に相談する際に忘れずに聞きましょう。

また、探偵は情報開示をできませんが、合法的に張り込みや尾行をして必要な情報を集められます。

特定できていない情報が多くても、行動できることは大きいメリットです。

4-2:違法行為を行う可能性がほぼないから

弁護士は法律のプロで、探偵は調査のプロです。

ターゲットに訴えられないように調査・慰謝料請求を行えます。

依頼時に情報がほとんどなくても、相手の素性や不倫の証拠を把握できるでしょう。

慰謝料請求をする際に、内容証明郵便の出し方を間違えると逆に訴えられるケースもあるので、弁護士に任せると安心です。

4-3:代理人としてすべての手続きをしてくれるから

  弁護士に依頼したら、代理人として書類の作成や代理で出廷などすべての手続きを行ってくれます。

内容証明郵便の送付や不倫相手との交渉など、素人にとって法的手続きは複雑なことばかりです。

また、相手側が弁護士に依頼をすれば、素人が対応するのは難しいでしょう。

慰謝料の支払いに相手が合意した後も、法的に不備のない示談書を作成することも任せられるので安心です。

コラム:弁護士と探偵どちらに相談すればよいか?

弁護士と探偵どちらに相談すればよいかはあなたの状況によります。

弁護士と探偵のできることが以下のように違うからです。

 

弁護士

探偵

業務

法的な対応

調査

できること

書類の作成・内容証明郵便の送付

不倫相手との交渉

慰謝料請求

浮気相手の調査・特定

不倫の証拠集め

張り込みや尾行など

不倫相手に慰謝料を払わせたいなら弁護士、証拠を突き付けて不倫をやめさせたいなら探偵に相談しましょう。

弁護士は、弁護士法23条照会を利用して不倫相手の名前や住所などの情報を開示できます。

弁護士法23条照会は調査が目的ではなく、法的な手続きに必要な情報を集めるのが目的です。

そのため、弁護士は法的な手続きに関係ないことは、調べられないことに注意しましょう。

まとめ:不倫相手の名前しかわからない場合は弁護士や探偵に相談しよう

不倫相手の名前しかわからなくても、慰謝料を請求するために行動できます。

しかし、自身でするには複雑な手続きが多いので、弁護士や探偵などの専門家に頼るのをオススメします。

不倫の慰謝料を請求するには、以下の3つの情報が必要です。

  • 不倫相手の名前
  • 不倫相手の住所
  • 不倫の証拠

また、情報を集めるには、以下の方法などがあります。

  • 配偶者のスマホを借りてLINEやSNSを調べる
  • 不倫相手を尾行する
  • 弁護士や探偵に相談する
  • 配偶者に直接聞く

情報を集め終わったら、以下の3ステップで慰謝料を請求できます。

  • 内容証明郵便を送付する
  • 相手と交渉する
  • 訴訟(裁判)をする

以下の3つの理由から、自分でやるより弁護士・探偵に相談することがオススメです。

  • 素人には調べられない情報を調べられるから
  • 違法行為を行う可能性がほぼないから
  • 代理人としてすべての手続きをしてくれるから

不倫相手の名前しかわからない状態で、自身の力のみで慰謝料を請求するのは難しいです。

弁護士や探偵などの専門家に依頼すれば、安心して慰謝料を請求できるので、困ったら専門家に相談してみましょう。

『不倫の慰謝料トラブルに強い弁護士』があなたの悩みを解決します

弁護士法人QUEST法律事務所へのご相談は無料です。当事務所では、電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。ですので、全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

不倫の慰謝料に関するお悩みは、弁護士法人QUEST法律事務所へお任せください!

今すぐお電話ください!

tel. 0120-649-026 電話で問い合わせる

携帯・PHS可

相談無料土日祝受付

24時間365日対応

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article