不倫・モラハラ夫/妻と離婚する3つの方法と慰謝料請求のポイント

監修者

弁護士法人QUEST法律事務所
住川 佳祐

不倫・モラハラ夫/妻と離婚する3つの方法と慰謝料請求のポイント
チェック
この記事を読んで理解できること
  • 不倫・モラハラは離婚理由になる
  • 不倫・モラハラ夫/妻と離婚する方法
  • 不倫・モラハラ夫/妻との離婚の慰謝料は50万~300万円が相場
  • 不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップ

あなたは、不倫・モラハラ夫/妻と、

  • 離婚できるのか知りたい
  • 離婚する方法を知りたい
  • 離婚した場合の慰謝料について知りたい

このようにお考えではありませんか?

配偶者から不倫・モラハラされた場合は、精神的に非常につらく離婚を考える方も多いでしょう。

しかし、「不倫やモラハラを理由に離婚できるのか」「慰謝料はもらえるのか」など、不安に思いますよね。

結論から言うと、配偶者が不倫・モラハラしている場合、相手の不倫・モラハラを理由に離婚できます。

また、相手の不倫・モラハラで離婚した場合には、慰謝料を請求できます。

この記事を読むと、「相手の不倫・モラハラを理由に離婚する方法」「相手の不倫・モラハラを理由に離婚した場合の慰謝料」についてわかります。

さらにこの記事では、

1章では、不倫・モラハラは離婚理由になる、

2章では、不倫・モラハラ夫/妻と離婚する方法、

3章では、不倫・モラハラ夫/妻との離婚の慰謝料は50~300万円が相場、

4章では、不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップ

について説明します。

この記事を読んで、配偶者に不倫・モラハラされて離婚を考えた場合にも適切に対処しましょう。

不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください
不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください

1章:不倫・モラハラは離婚理由になる

配偶者の不倫やモラハラは、離婚理由として認められます。

この章では、相手の不倫・モラハラを理由とした離婚について、以下3つのポイントを解説します。

  • 不倫・モラハラとは
  • 不倫は離婚事由として法律で定められている
  • モラハラは「婚姻の継続が難しい原因」と立証できれば離婚可能

それぞれ解説します。

1-1:不倫・モラハラとは

まずは、不倫・モラハラとはどのような行為を指すのかを押さえておきましょう。

■不倫とは

不倫とは、既婚者が配偶者以外の人と性的関係を持つことで、法律上は不貞行為と呼ばれます。

不倫とみなされるポイントは、「肉体関係があったかどうか」であり、手をつなぐ・抱擁・キスなどは不貞行為にはあたりません。

夫婦には、お互いに相手以外と肉体関係を持たない義務(貞操義務)があります。

不倫(不貞行為)は貞操義務違反にあたり、夫婦の権利を侵害する民法上の違法行為です。

■モラハラとは

モラハラとは、言葉や態度により精神的に相手を傷つけることです。

たとえば、

  • きつい言葉で相手を傷つける
  • ちょっとしたミスを執拗に責める
  • 理由なく無視する
  • 相手の考え方・趣味を否定する
  • 人前で相手を見下す

といった行為があげられます。

1-2:不倫は離婚事由として法律で定められている

不倫は、民法第770条が定める離婚事由に該当します。

そのため、配偶者の不倫を理由に離婚できます。

民法で定められた離婚事由は、以下の5つです。

  • 配偶者の不貞行為
  • 配偶者からの悪意の遺棄
  • 配偶者の生死が3年以上不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
  • その他、婚姻の継続が難しい重大な事由ある

不倫は法律で離婚の理由として認められているため、もし不倫夫/妻が離婚を拒んだとしても、不倫を理由に離婚できます。

1-3:モラハラは「婚姻の継続が難しい原因」と立証できれば離婚可能

モラハラは、法律で定められた5つの離婚事由に明示的には含まれません。

しかし、配偶者からのモラハラが離婚事由の「その他、婚姻の継続が難しい重大な事由」該当すると立証できれば離婚できます。

配偶者のモラハラを理由に離婚をするためには証拠を集め、

  • モラハラがあった事実
  • モラハラが原因で夫婦関係が破綻し、継続が困難であること

の2点を立証する必要があります。

【コラム】モラハラへの対処法

モラハラは加害者が意識せずおこなっている場合も多く、放っておいても改善しません。

配偶者からモラハラを受けている場合は、

  • モラハラで困っている知人・友人の話を聞かせる(加害者にモラハラ行為を認識させる)
  • いいなりにならない
  • 第三者に相談する
  • 別居する

といった対応により、モラハラがおさまるケースもあります。

それでも状況が改善されない場合は、離婚も視野に入れて行動を起こしましょう。

2章:不倫・モラハラ夫/妻と離婚する方法

配偶者のモラハラが改善されない、配偶者の不倫が発覚したといった場合、離婚を考える人も多いでしょう。

不倫・モラハラ夫/妻と離婚する方法は、以下の3つです。

  • 夫婦で離婚に向けて話し合う
  • 離婚調停を申し立てる
  • 離婚訴訟をする

それぞれ解説します。

2-1:夫婦で離婚に向けて話し合う

離婚をしたい場合は、まずは夫婦で話し合い、お互いの合意による協議離婚を目指します。

協議離婚では、相手の合意が取れれば離婚理由に関わらず離婚できます。

ただし、お互いの主張が食い違うと、当事者同士では話し合いがうまくいきません。

  • 相手が離婚に応じない
  • 慰謝料や財産分与などに納得できない

といった場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てましょう。

とくに、モラハラする人は離婚を受け入れないケースが多く、当事者での解決は難しい場合があります。

話し合いで解決しない場合は、離婚調停に進みます。

2-2:離婚調停を申し立てる

夫婦だけでは離婚がまとまらない場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てましょう。

離婚調停では、調停委員が間に入って両者の言い分を聞き、話し合いで解決を目指します。

他にも離婚調停では、離婚そのものだけでなく慰謝料や財産分与、子どもの親権や養育費についても一緒に話し合います。

離婚や慰謝料に関して離婚調停で有利に話を進めるためには、モラハラや不倫の証拠を十分に集めておくことが重要です。

ただし、離婚調停はあくまで話し合いの場であり、お互いの合意が得られなければ離婚できません。

相手が離婚に同意しない場合は、離婚訴訟に進みます。

2-3:離婚訴訟をする

離婚調停でも話がまとまらなかった場合は、最終的に離婚訴訟を起こして裁判所に離婚を認めてもらいます。

離婚訴訟で認められると、たとえ相手が離婚を拒んでいても離婚が成立するため、相応の離婚理由と証拠が必要です。

不倫は離婚事由として法的に認められていますが、モラハラの場合は「モラハラが原因で婚姻関係を継続するのは難しい」と証明できなければなりません。

相手の不倫・モラハラを理由に離婚をしたい人は、しっかりと証拠を集めて離婚訴訟に臨みましょう。

【コラム】自分も不倫してしまうと離婚に不利になる

モラハラされると気持ちが弱り、つい他の異性に頼りたくなってしまいます。

しかし、もし不倫をしてしまうと「有責配偶者」となり、自分から離婚できなくなる恐れがあります。

有責配偶者とは「婚姻関係が破綻する原因について責任のある配偶者」のことで、有責配偶者からの離婚請求は原則認められません。

相手の不倫やモラハラを理由として離婚を望んでいる人は、決して不倫しないようにしましょう。

3章:不倫・モラハラ夫/妻との離婚の慰謝料は50万~300万円が相場

相手の不倫やモラハラが原因で離婚をする場合は、慰謝料を請求できます。

不倫・モラハラの慰謝料は、それぞれ50万~300万円が相場です。

慰謝料の請求には不倫やモラハラを立証する必要があるため、事前に不倫やモラハラの証拠を集めておきましょう。

■不倫の慰謝料

不倫の慰謝料は、不倫により夫婦関係がどのくらい破綻したかによって、以下のように金額が異なります。

  • 不倫はしたが夫婦関係は継続:50万円~100万円
  • 不倫が原因で別居に至った:100万円~200万円
  • 不倫が原因で離婚に至った:150万円~300万円

他にも慰謝料の金額は、婚姻期間や不倫の期間・回数、子どもの有無によっても変わります。

■モラハラの慰謝料

モラハラの慰謝料は、モラハラ行為の内容・期間・回数・被害者が受けた精神的損害の程度などによって左右されます。

モラハラの加害者は自分の非を認めない傾向にあり、慰謝料の支払いにもなかなか同意してくれないケースがあります。

慰謝料の話し合いがうまくいかない場合には、弁護士に相談するとよいでしょう。

4章:不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップ

不倫・モラハラ夫/妻とスムーズに離婚するためには、以下の3ステップを意識しましょう。

  1. 不倫の証拠を集める
  2. モラハラの証拠を集める
  3. 相手に離婚を切り出す

それぞれ解説します。

4-1:不倫の証拠を集める

不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップの1つ目は、不倫の証拠を集めることです。

不倫は離婚の理由になりますが、証拠が不十分だと相手の不貞行為を裁判で認めてもらえません。

相手の不倫を認めてもらうためには、以下のような不倫の証拠となるものを用意しておきましょう。

  • ラブホテルに出入りする写真・動画
  • ラブホテルの領収書・ポイントカードなど
  • 肉体関係を持っているときの写真・動画
  • 肉体関係があったとわかるメール・SNSのメッセージ
  • 不倫を認める書面・音声データ

自分で証拠を集めるのが難しい場合は、興信所や探偵事務所に依頼するのも有効です。

4-2:モラハラの証拠を集める

不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップの2つ目は、モラハラの証拠を集めることです。

モラハラで離婚するためには、以下のような証拠を集めましょう。

  • モラハラの内容を記した日記
  • モラハラ現場の録音・録画
  • モラハラがわかるメール・SNSのメッセージ
  • モラハラが原因で通院した病院の診断書・領収証
  • 警察・弁護士など第三者への相談記録

配偶者からのモラハラは家庭内でおこなわれる上に、DVのような目で見える被害がないため、被害を証明しにくい特徴があります。

また、離婚を認めてもらうためには、「モラハラの事実」だけでなく「モラハラのせいで婚姻関係が破綻していて、継続は困難である」ことを立証しなければなりません。

どのような証拠を集めればよいのか迷った場合は、弁護士に相談するとアドバイスを受けられます。

4-3:相手に離婚を切り出す

不倫・モラハラ夫/妻との離婚に向けた3ステップの3つ目は、相手に離婚を切り出すことです。

不倫やモラハラの証拠が十分に揃ったら、相手に離婚を切り出し離婚に向けた話し合いに進みましょう。

ただし、闇雲に離婚を切り出すと離婚話がこじれたり、証拠を隠されたりする恐れがあります。

不倫の場合もモラハラの場合も、大切なのは証拠を十分に集めてから離婚を切り出すことです。

以下の離婚を切り出すときのコツをふまえて、円滑に離婚の意思を伝えましょう。

■不倫夫/妻に離婚を切り出すコツ

不倫夫や妻に離婚を切り出すときは、必ず証拠を集めてから相手に伝えましょう。

証拠が揃わないうちに相手を責めたり、離婚を切り出したりすると証拠を隠されてしまうためです。

離婚を考えていることがバレると、その後の証拠集めが困難になります。

■モラハラ夫/妻に離婚を切り出すコツ

モラハラ夫や妻に離婚を切り出すコツは、以下の3つです。

  • 離婚する意志が固いことをきっぱりと伝える
  • 離婚したい理由を具体的に用意しておく
  • 冷静に話し合う

モラハラ夫や妻は、あなたが離婚話をしても耳を貸さず、強く反論してくる恐れがあります。

スムーズに離婚を伝えるためには、冷静にしかしきっぱりと、具体的な理由を添えて離婚の意思を伝えることが大切です。

また、モラハラの場合は、夫婦だけでは話し合いがうまくいかないケースも多くあります。

当事者同士での話し合いが難しい場合は、弁護士への相談も検討しましょう。

まとめ:不倫・モラハラで離婚したいなら証拠を集めて冷静に対処しよう

配偶者に不倫やモラハラされた場合、相手の不倫・モラハラを理由に離婚できます。

不倫・モラハラ夫/妻と離婚する方法には、以下の3つがあります。

  • 夫婦で離婚に向けて話し合う
  • 離婚調停を申し立てる
  • 離婚訴訟をする

配偶者の不倫・モラハラが原因で離婚した場合は、慰謝料の請求が可能であり相場は50~300万円です。

不倫の場合もモラハラの場合も、離婚や慰謝料請求に大切なのは、「証拠を十分に集めてから離婚を切り出す」ことです。

離婚の話し合いが困難、どのような証拠が必要かわからない、といった場合は弁護士へ相談しましょう。

『不倫の慰謝料トラブルに強い弁護士』があなたの悩みを解決します

弁護士法人QUEST法律事務所へのご相談は無料です。当事務所では、電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。ですので、全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

不倫の慰謝料に関するお悩みは、弁護士法人QUEST法律事務所へお任せください!

今すぐお電話ください!

tel. 0120-649-026 電話で問い合わせる

携帯・PHS可

相談無料土日祝受付

24時間365日対応

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article