2度目の不倫で慰謝料請求できる・できないケースと気づいた時の対処法

この記事の著者情報

住川 佳祐
(弁護士法人QUEST法律事務所 代表弁護士)

著者情報 弁護士法人QUEST法律事務所 代表弁護士 住川佳祐

東京弁護士会所属。東京大学法学部卒。『NHK あさイチ』のTV出演の他、『プレジデント』『ダイヤモンド・セレクト』などメディア掲載多数。弁護士法人QUEST法律事務所のHPはこちら。

2度目の不倫での対処法

配偶者が2度目の不倫をしているのに気付いたあなたは、

  • 2度目の不倫に気づいたときの対処法を知りたい
  • 1度目の不倫では慰謝料を請求しなかったが2度目の不倫で慰謝料を請求できるか知りたい
  • 2度目の不倫では慰謝料を多く請求できるか知りたい

とお考えではありませんか?

結論として、2度目の不倫が発覚したときの対処法は以下のとおりです。

  • 不倫の慰謝料を請求する
  • 離婚を検討する

しかし、2度目の不倫では慰謝料を請求できるケースとできないケースがあります。

請求できるかどうか判断するポイントは、「今回の不倫は前回の不倫と別件であると認められるか」です。

以下の条件がそろっていると慰謝料をより多く請求できます。

  • 2度目の慰謝料を請求できるケースである
  • 同じ相手と2度不倫したことが認められた
  • 夫婦関係が良好である

この記事を読めば、2度目の不倫の対処法がわかり、慰謝料を請求する際にも有利に行動できます。

また、慰謝料を請求できるケースとできないケースも記載していますので、「自身のケースは慰謝料を請求できるのか」がわかります。

具体的には、

1章では、2度目の不倫での対処法

2章では、2度目の不倫でも慰謝料を請求できる4つのケース

3章では、2度目の不倫で慰謝料を請求できない2つのケース

4章では、2度目の不倫に気づいたときの対処法4ステップ

5章では、1度目の不倫で誓約書を作っていればできること

について説明します。

2度目の不倫が発覚したケースでは、慰謝料を請求できるか判断するのが難しいです。

自身のケースが慰謝料を請求できるか知りたい方は、2章と3章をお読みください。

この記事を読んで、自身のケースと照らし合わせて2度目の不倫に対処しましょう。

慰謝料を減額・回避する方法慰謝料を減額・回避する方法を見る
不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

1章:2度目の不倫での対処法

2度目の不倫での対処法は以下のとおりです。

  • 不倫の慰謝料を請求する
  • 離婚を検討する

詳しく説明します。

1-1:不倫の慰謝料を請求する

2度目の不倫が発覚したケースでは、慰謝料を請求するべきです。

2度目の不倫で慰謝料を請求せずに許してしまうと、「不倫をしても許される」と思われまた不倫を繰り返されてしまうからです。

2度目の不倫では、慰謝料を請求できるケースとできないケースがあります。

ポイントは、「1度目の不倫と別件であると認められるか」です。

また、以下のケースでは慰謝料が高額になる可能性があります。

  • 1度目と同じ不倫相手か配偶者に慰謝料を請求する
  • 不倫の期間が長い
  • 不倫相手が妊娠・出産した
  • 自身に子どもがいる
  • 不倫が原因で離婚した

精神的苦痛が大きいと判断されれば、慰謝料は高額になります。

2度目の不倫では、繰り返し精神的苦痛を受けたとして高額の慰謝料を期待できます。

1-2:離婚を検討する

2度も不倫していると、一時の過ちで不倫をしたのではなく、何度も不倫をしてしまう意識があるといえます。

また、以下の口コミのとおり、信用と愛情がない結婚生活は精神的にツラいです。

 

2度目の不倫が発覚したら、離婚を検討するのもよいでしょう。

離婚を検討する場合は以下の内容を確認しておきましょう。

  • 自立して生活していけるだけの収入・貯蓄があるか
  • 配偶者に子どもの養育費を払う支払い能力があるか

経済面の問題で離婚をするか迷うケースは多いです。

離婚して慰謝料の請求が認められたとしても、経済的に余裕が生まれません。

離婚を検討する場合は、離婚した直後の生活資金・定期収入があるか確認しましょう。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

2章:2度目の不倫でも慰謝料を請求できる3つのケース

2度目の不倫でも慰謝料を請求できるケースは、以下のとおりです。

  • 1度目の不倫で慰謝料を請求していない
  • 1度目の不倫から時間が経ってから同じ相手と不倫した
  • 1度目と違う相手と不倫していた

ポイントは、「1度目の不倫と別件であると認められるか」です。

それぞれ説明します。

2-1:1度目の不倫で慰謝料を請求していない

1度目の不倫で慰謝料を請求していなければ、2度目の不倫で慰謝料請求が認められるでしょう。

基本的に慰謝料請求が認められるのは、1度の不倫につき1回のみです。

1度目の不倫で慰謝料を請求していても、2度目の不倫が1度目の不倫と別件であると判断されれば、慰謝料を請求できます。

2-2:1度目の不倫から期間を空けて同じ相手と不倫した

1度目の不倫から期間を空けて同じ相手と不倫したケースでは、1度目の不倫とは別件の不倫であると認められます。

同じ相手でも別件だと判断されるため、再び慰謝料を請求できます。

具体的な期間として、2~3年経っていれば1度目と別件の不倫であると認められるでしょう。

2-3:1度目と違う相手と不倫していた

1度目と違う相手と不倫をしていれば、1度目の不倫と別件の不倫だと判断されます。

1度目と全く関連がないので、慰謝料を請求できます。

別件なので1度目と同じように証拠の確保、慰謝料の請求を行いましょう。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

3章:2度目の不倫で慰謝料を請求できない2つのケース

2度目の不倫で慰謝料を請求できないケースは、以下のとおりです。

  • 1度目の不倫以降、夫婦関係が破綻していた
  • 証拠がない

それぞれ説明します。

3-1:1度目の不倫以降、夫婦関係が破綻していた

1度目の不倫が発覚してから夫婦関係が破綻してしまった場合は、離婚していないケースでも慰謝料の請求は認められません。

慰謝料を請求できる条件で、「夫婦関係が存在すること」が判断基準の1つであるからです。

離婚について話し合っていたり、別居している期間が長かったりすると夫婦関係が破綻していると判断されやすいです。

2度目の不倫が始まった時点で夫婦関係が破綻していれば、慰謝料は請求できないので注意しましょう。

3-2:証拠がない

慰謝料を請求するには、不倫があったことを立証する必要があります。

不倫を立証するには証拠が必要なので、不倫の証拠がなければ慰謝料を請求できません。

不倫の証拠がなければ、まずは証拠を集めましょう。

具体的には以下の方法で証拠を集められます。

  • 配偶者と不倫相手を尾行する
  • 配偶者のスマホを調べる
  • ゴミ箱からラブホテルの領収書を探す
  • 探偵に依頼する

自身で証拠を集める場合は違法行為をしてしまわないように注意が必要です。

自身で証拠を確保するのが難しいケースでは、探偵に依頼するのがオススメです。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

4章:1度目の不倫で誓約書を作っていれば違約金を請求できる

誓約書があれば、再び不倫されたときに違約金を請求できます。

ですので、1回目の不倫で示談をしたときに、誓約書を作っておくのがオススメです。

誓約書には、以下の内容を盛り込むとよいでしょう。

  • 不倫の事実や内容を認める文言
  • 今後2度と不倫相手に会わない・不倫しない約束
  • 違反したら違約金を請求する
  • 違約金の額

記載する違約金の額は自由ですが、裁判で認められるかは別問題です。

記載した額があまりにも高額であれば、一定の額を超えた分は認められない可能性があります。

不倫の慰謝料の相場は、以下の場合に分けられます。

  • 離婚または別居した場合:約100~300万円
  • 離婚または別居しない場合:約数十万~100万円

金額が相場と比較して極端な差があると、金額の一部または全部が認められなくなる可能性があるので注意しましょう。

また、違約金を慰謝料の額と同じ程度にしておくと、請求が認められやすくなります。

後で言い訳されないように、誓約書を作るときは配偶者本人に直筆で書いてもらいましょう。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

5章:2度目の不倫に気づいたときの対処法4ステップ

2度目の不倫に気づいたときは、以下の4ステップで対処しましょう。

  1. 証拠を確保する
  2. 不倫していた期間を調べる
  3. 慰謝料を請求する
  4. 弁護士に依頼する

それぞれ説明します。

5-1:①証拠を確保する

2度目の不倫でも慰謝料を請求するには、1回目と同様に明らかな証拠が必要です。

有効な証拠は、以下のとおりです。

  • 2人でホテルや自宅に出入りしている写真や動画
  • メールやLINEのやりとり
  • ラブホテルの支払い履歴
  • 配偶者か不倫相手どちらかが不倫を認めた音声
  • 探偵の調査報告書

それぞれの証拠が不倫を証明するのに不十分でも、証拠を組み合わせれば不倫を立証できる可能性があります。

複数の証拠を組み合わせて不倫を証明できたケースもあるので、できるだけ多く証拠を確保しましょう。

5-2:②不倫していた期間を調べる

2度目の不倫が発覚して慰謝料を請求するケースでは、前回とは別件の不倫であることが前提となります。

例えば、1度目の不倫について示談が成立した後、実は思っていたよりも多く不貞行為が行われていたことが発覚しても、示談成立前の不倫を蒸し返して慰謝料を請求することはできません。

そのため、示談が成立した後に不倫が行われたことを立証する必要があります。

さらに、不倫していた期間が長ければ慰謝料が高額になります。

2度目の慰謝料を請求する際には、1度目と違い不倫していた期間を調べることが重要です。

5-3:③慰謝料を請求する

証拠と不倫期間の調査を終えたら、内容証明郵便を送付しましょう。

※内容証明郵便とは、法的に効力のある郵便のことです。

内容証明郵便を送り、返事がきたら示談交渉を行います。

示談交渉では、以下の内容を話し合いで決めましょう。

  • 慰謝料・違約金の金額
  • 支払い方法・支払い期限
  • 配偶者と不倫相手の接触禁止

示談交渉までの段階で相手が無視や支払い拒否など、交渉がまとまらないケースでは裁判に発展する可能性があります。

5-4:④弁護士に依頼する

2度目の不倫に対して慰謝料を請求するケースでは、弁護士に依頼するのがオススメです。

弁護士に相談するメリットは、以下のとおりです。

  • 証拠を集める方法や慰謝料請求についてアドバイスをくれる
  • 代理人として手続きをしてくれる
  • 新たなトラブルが起こる可能性を下げられる

2度目の慰謝料請求は1度目と違い、「1度目の不倫と別件であるか」を証明する必要があります。

別件であることを証明するためには、多くの証拠が必要なので弁護士からアドバイスをもらいましょう。

また、

  • 内容証明郵便の送付
  • 示談交渉
  • 裁判

の手続きも代理で行ってくれます。

内容証明郵便を間違った方法で送付してしまうと、逆に訴えられてしまう可能性があります。

新たなトラブルを起こさないためにも、弁護士に依頼するのがオススメです。

不倫の慰謝料トラブルでお悩みのあなたへ まずはご相談ください!詳しくはこちら

まとめ:2度目の不倫では前回と別件であることを証明しよう

2度目の不倫での対処法は、以下のとおりです。

  • 不倫の慰謝料を請求する
  • 離婚を検討する

不倫の慰謝料を請求するには、「1度目の不倫と別件であると認められるか」が重要です。

具体的には、以下のケースで請求が認められます。

  • 1度目の不倫で慰謝料を請求していない
  • 1度目の不倫から時間が経ってから同じ相手と不倫した
  • 1度目と違う相手と不倫していた

しかし、前回と別件であることを証明できても、以下のケースでは請求が認められません。

  • 1度目の不倫以降、夫婦関係が破綻していた
  • 証拠がない

また、1度目の不倫が発覚したときに、誓約書を作っていれば違約金を請求できます。

2度目の不倫に気づいたときは、以下の4ステップで対処しましょう。

  • 証拠を確保する
  • 不倫の期間を調べる
  • 慰謝料を請求する
  • 弁護士に依頼する

2度目の慰謝料請求では1度目と違い、前回と別件であることを立証しなければなりません。

自身だけで証拠を集めても、集めた証拠で立証できるのか不安でしょう。

証拠の確保や手続きで不安がある場合は、弁護士にアドバイスを求めてみましょう。

×

かんたん慰謝料シミュレーター

あなたの状況に当てはまる項目を選択して、
計算ボタンを押してください。
※複数選択不可

慰謝料の請求必須
婚姻期間必須
未成年の子供の有無必須
従前の婚姻関係必須
不貞期間必須
不貞回数必須
不貞行為によって離婚又は別居したか必須
不貞行為によって妊娠したことがあるか必須
計算する

不倫慰謝料の計算結果

※当事務所の弁護士監修のもと独自の計算式で算出しております。結果はあくまでも目安です。

10000000

不倫慰謝料計算機で算出された数値は、
あなたが請求できる、または請求される慰謝料の相場額です。
実際の金額は、不倫の程度や証拠の有無などにより増額・減額します。
不倫相手への慰謝料請求やスムーズな支払いを希望される場合は、
弁護士への相談・依頼を検討してください。

かんたん慰謝料シミュレーター

匿名個人情報なし
弁護士に相談・依頼・示談交渉など
色々とれる行動はありますが、まずは、
事前に慰謝料相場をチェックしてみましょう!

慰謝料計算はこちら