単身赴任中の不倫を調べる4つの方法と、不倫していた場合の対処法

監修者

弁護士法人QUEST法律事務所
住川 佳祐

単身赴任中の不倫を調べる4つの方法と、不倫していた場合の対処法
チェック
この記事を読んで理解できること
  • 単身赴任中の不倫をチェックする4つの方法
  • 単身赴任中の夫が不倫する7つの理由
  • 単身赴任中の不倫、7つの兆候
  • 単身赴任中の不倫を避けるためには
  • 単身赴任中の不倫への対応法


あなたは、

  • 単身赴任中の夫が、不倫しているのか確かめる方法を知りたい
  • 単身赴任中の夫が、不倫した理由を知りたい
  • 単身赴任中の不倫のきっかけや兆候を知りたい

などとお考えではありませんか?

離れて暮らしていると、単身赴任中の夫が不倫しているのではないか、つい不安になりますよね。

結論から言えば、単身赴任中の不倫をチェックする方法は、以下の4つです。

  • アポなしで訪問する
  • 単身赴任先の家で不倫の証拠を探す
  • 夜にテレビ電話をかける
  • 浮気調査を依頼する

この記事を読めば、「単身赴任中の不倫をチェックする方法」とあわせて、「単身赴任中に不倫する理由」「単身赴任中の不倫への対応法」について理解できます。

具体的には、

1章では、単身赴任中の不倫をチェックする4つの方法

2章では、単身赴任中の夫が不倫する7つの理由

3章では、単身赴任中の不倫、7つの兆候

4章では、単身赴任中の不倫を避けるためには

5章では、単身赴任中の不倫への対応法

について、詳しく説明します。

この記事を読んで、単身赴任中の不倫の理由や兆候を知り、事前に回避してください。

目次

  1. 1章:単身赴任中の不倫をチェックする4つの方法
    1. 1-1: アポなしで訪問する
    2. 1-2: 単身赴任先の家で不倫の証拠を探す
    3. 1-3:突然テレビ電話をかける
    4. 1-4: 浮気調査を依頼する
  2. 2章:単身赴任中の夫が不倫する7つの理由
    1. 2-1:決して不倫がバレないと安心しているから
    2. 2-2:孤独を埋めたいから
    3. 2-3:夫婦間のコミュニケーションが減ったから
    4. 2-4:独身時代に戻ったような気分になるから
    5. 2-5:性交渉したいから
    6. 2-6:環境の変化にストレスを感じるから
    7. 2-7:時間の制限がないから
  3. 3章:単身赴任中の不倫、7つの兆候
    1. 3-1:自宅に戻る回数が減少した
    2. 3-2:部屋の中の様子に違和感がある
    3. 3-3:スマホを片時も手放さない
    4. 3-4:SNSに不自然な点がある
    5. 3-5:お金の使い方が変わった
    6. 3-6:夜の電話に出ない、ビデオ通話を避ける
    7. 3-7:外見、服装などが変わった
  4. 4章:単身赴任中の不倫を避けるためには
    1. 4-1:頻繁に会いに行く、連絡をとる
    2. 4-3:日ごろから感謝の言葉を伝える
    3. 4-4:部屋の中に妻や家族の痕跡を残しておく
  5. 5章:単身赴任中の不倫への対応法
    1. 5-1:夫婦関係の修復に向けて話し合う
    2. 5-2:夫と不倫相手に慰謝料を請求する
    3. 5-3:夫と離婚する
    4. 5-4:まずは弁護士に相談するのがオススメ
  6. まとめ:単身赴任中の不倫の理由を知って、事前に回避しよう
不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください
不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください

1章:単身赴任中の不倫をチェックする4つの方法

単身赴任中の不倫をチェックする方法は、以下の4つです。

  • アポなしで訪問する
  • 単身赴任先の家で不倫の証拠を探す
  • 夜にテレビ電話をかける
  • 浮気調査を依頼する

それぞれ説明します。

1-1: アポなしで訪問する

単身赴任中の不倫を確認する方法として、アポなし訪問があります。

単身赴任先ではホテルではなく自宅で不倫している可能性が高いため、アポなしで訪問すれば普段の様子をチェックできます。

また、妻の突然の訪問であれば、夫も不倫の痕跡を消せません。

アポなしで訪問した際には、夫の態度に不自然な点がないか、注意深く観察しましょう。

1-2: 単身赴任先の家で不倫の証拠を探す

単身赴任先の家に行った際、掃除という名目で、不倫の証拠を探しましょう。

ゴミ箱や引き出し、財布も確認してください。

夫がきれい好きではないのに、掃除が行き届いていれば、不倫の痕跡を消そうとしたのかもしれません。

また、明らかに夫の趣味ではないものがある場合は、どうしたのか聞いてみましょう。

言葉に詰まったり、聞いてもいないことについて詳しく説明したりするようであれば、不倫している可能性が高いでしょう。

1-3:突然テレビ電話をかける

アポなしで訪問したいけれど、単身赴任先が遠方で、難しいケースもあるでしょう。

その場合、活用したいのがオンライン通話です。

通話中に、さりげなく部屋の様子をチェックすると、部屋の雰囲気に違和感を覚えることがあるかもしれません。

夫に部屋の片付けをさせる時間を与えないよう、事前に予告せず、オンライン通話をするのがよいでしょう。

1-4: 浮気調査を依頼する

単身赴任中は距離が離れているため、確実に証拠をつかむには、調査会社に夫の素行調査を依頼することがオススメです。

ただし、相当の出費を覚悟しなければなりません。

そのうえ、不倫の証拠を押さえられないまま、調査期間が終了する可能性もあります。

事前に専門の弁護士に相談し、依頼内容やタイミングを慎重に検討しましょう。

2章:単身赴任中の夫が不倫する7つの理由

単身赴任中の夫が不倫する理由は、以下の7つです。

  • 決して不倫がバレないと安心しているから
  • 孤独を埋めたいから
  • 夫婦間のコミュニケーションが減ったから
  • 独身時代に戻ったような気分になるから
  • 性交渉したいから
  • 環境の変化にストレスを感じるから
  • 時間の制限がないから

それぞれ説明します。

2-1:決して不倫がバレないと安心しているから

単身赴任先が遠方であれば、「どうせバレないだろう」という安心感から、つい気持ちが大きくなりがちです。

普段は発覚を恐れて不倫に手を出さない人でも、自制心が失われて不倫に走る可能性があります。

2-2:孤独を埋めたいから

単身赴任中は、仕事から帰っても家族の出迎えもなく、孤独感が高まります。

淋しさを満たすため、食事会や飲み会などで親しくなった女性と、不倫関係になることも珍しくありません。

2-3:夫婦間のコミュニケーションが減ったから

これまで生活を共にしてきた夫婦が離れて暮らすことで、夫婦間のコミュニケーションが減少します。

絆が薄れることで、妻以外の女性との関係を求め、不倫の誘惑に負けることもあるでしょう。

2-4:独身時代に戻ったような気分になるから

結婚し、子どもが生まれれば、独身時代のように朝まで飲み歩くことはできません。

しかし、単身赴任中はひとりの時間が増えるため、独身時代に戻ったように感じ、不倫に走る人もいるでしょう。

2-5:性交渉したいから

単身赴任中は、夫婦の性交渉の機会が、極端に減ってしまいます。

身もふたもない話ですが、性交渉をしたいために、不倫にのめり込むケースもあるでしょう。

2-6:環境の変化にストレスを感じるから

新しい職場で、一から人間関係を構築することは、容易ではありません。

慣れない環境でたまったストレスを、不倫で発散しようと思う人もいるでしょう。

2-7:時間の制限がないから

単身赴任中は仕事以外の時間を自由に使えるため、開放的な気分になるものです。

家族からの監視の目がないのをよいことに、女性との出会いを求め、不倫する可能性もあるでしょう。

3章:単身赴任中の不倫、7つの兆候

単身赴任中の不倫の兆候は、以下の7つです。

  • 自宅に戻る回数が減少した
  • 部屋の中の様子に違和感がある
  • スマホを片時も手放さない
  • SNSに不自然な点がある
  • お金の使い方が変わった
  • 夜の電話に出ない、ビデオ通話を避ける
  • 外見、服装などが変わった

それぞれ説明します。

3-1:自宅に戻る回数が減少した

当初は週末や連休ごとに自宅に戻っていたのに、ある時期から回数が減った場合、不倫が疑われます。

「忙しい」「疲れている」と、もっともらしい言い訳をして自宅に戻らないときは、注意が必要です。

3-2:部屋の中の様子に違和感がある

単身赴任先を訪れた際は、女性の気配がないか、部屋の様子を注意深く確認しましょう。

見慣れないものがある場合や、家具などの配置に変化がある場合は、不倫相手の影響かもしれません。

3-3:スマホを片時も手放さない

夫が、スマホをトイレや浴室にまで持ち込むなど、片時も手放さないのは、不倫の兆候のひとつです。

また、スマホで頻繁に誰かとやりとりをしている場合も、不倫の可能性があるでしょう。

3-4:SNSに不自然な点がある

夫のSNSを定期的にチェックすると、不倫の兆候に気付けるかもしれません。

以前と趣味が変わっていないか、観光地などに出かけることが増えていないかなど、注意を払ってみましょう。

3-5:お金の使い方が変わった

単身赴任中、夫の出費が急に増えた場合は、不倫のサインかもしれません。

不倫は、食事代やホテル代など、かなりの出費を伴うためです。

夫婦間で、クレジットカードの明細を共有するのがオススメです。

3-6:夜の電話に出ない、ビデオ通話を避ける

以前はオンライン通話に積極的だった夫が、急に嫌がるようになった場合、不倫の兆候かもしれません。

また、夜の電話に出ないときは、不倫相手が泊まりにきている可能性があるでしょう。

3-7:外見、服装などが変わった

夫が、以前よりも明らかに外見や服装に気をつかうようになっていないか、観察してみましょう。

単身赴任先を訪ねた際、クローゼットの中を見て、洋服の傾向が変わっていれば、不倫相手の影響による可能性があります。

4章:単身赴任中の不倫を避けるためには

単身赴任中の不倫を避けるためのポイントは、以下の4つです。

  • 頻繁に会いに行く、連絡をとる
  • 不倫にはリスクがあると伝えておく
  • 日ごろから感謝の言葉を伝える
  • 部屋の中に妻や家族の痕跡を残しておく

それぞれ説明します。

4-1:頻繁に会いに行く、連絡をとる

単身赴任中の不倫を避けるためには、できるだけ頻繁に会いに行き、夫婦間の絆を強めることが重要です。

単身赴任先が遠方で、定期的な訪問が難しい場合は、オンライン通話でお互いの顔を見てコミュニケーションを図りましょう。

家族の存在を常に感じることで、不倫のリスクを減らせるでしょう。

4-3:日ごろから感謝の言葉を伝える

日ごろの感謝の気持ちを、言葉で伝えることは非常に大切です。

また、夫と離れて暮らすのは、自分や子どもにとっても淋しいのだとわかれば、夫に家族の絆を感じてもらうことができるでしょう。

4-4:部屋の中に妻や家族の痕跡を残しておく

単身赴任中の夫の部屋に、家族写真や思い出の品を飾ることで、不倫のリスクを減らせます。

夫の部屋を訪れた際には、ペアの食器や家族の記念日を書き入れたカレンダーなどを飾り、家族の痕跡を残しておきましょう。

万が一、すでに不倫している場合でも、不倫相手に対するけん制になるでしょう。

5章:単身赴任中の不倫への対応法

単身赴任中の不倫への対応法は、以下の4つです。

  • 夫婦関係の修復に向けて話し合う
  • 夫と不倫相手に慰謝料を請求する
  • 夫と離婚する
  • まずは弁護士に相談するのがオススメ

それぞれ説明します。

5-1:夫婦関係の修復に向けて話し合う

不倫を許し、夫婦関係を修復したいと考えるのであれば、感情的にならず、まずは冷静に話し合うことが重要です。

不倫関係の解消と、再発防止のためには、同居の再開を検討しましょう。

同居をすることが、仕事の都合上できない場合や、子どもの受験の時期に重なる場合は、転職を選択肢に入れることも必要です。

5-2:夫と不倫相手に慰謝料を請求する

不倫が事実であれば、夫や不倫相手に対して、慰謝料を請求することが可能です。

慰謝料の金額は、法的な基準や不倫の状況に基づいて算定されます。

ただし、婚姻関係を優先する場合、夫へ悪い影響が及ぶかもしれないことを考慮し、慰謝料請求しないこともあります。

5-3:夫と離婚する

夫の不倫がどうしても許せない場合、離婚を選択することになります。

離婚公正証書を作成し、「離婚条件に違反した場合、給与や預金を差し押さえ、強制的に金銭を回収できる」などの文言を付与することが大切です。

夫は強制執行を恐れて、離婚条件を履行するでしょう。

5-4:まずは弁護士に相談するのがオススメ

単身赴任中の不倫を確信したものの、どうすればよいかわからない場合は、離婚、男女問題に詳しい弁護士に相談するのがオススメです。

状況に応じた対応策や、法的な手続きについて、親身にサポートしてくれるでしょう。

まとめ:単身赴任中の不倫の理由を知って、事前に回避しよう

単身赴任中の不倫が疑われる場合、不倫をチェックする方法は、以下の4つです。

  • アポなしで訪問する
  • 単身赴任先の家で不倫の証拠を探す
  • 夜にテレビ電話をかける
  • 浮気調査を依頼する

また、単身赴任中は家族にバレにくい環境のため、まじめな男性でも、魔が差して不倫する可能性があります。

単身赴任中に不倫に走る原因は、以下の7つです。

  • 決して不倫がバレないと安心しているから
  • 孤独を埋めたいから
  • 夫婦間のコミュニケーションが減ったから
  • 独身時代に戻ったような気分になるから
  • 性交渉したいから
  • 環境の変化にストレスを感じるから
  • 時間の制限がないから

そもそも、単身赴任中の不倫を避けるためのポイントは、以下の4つです。

  • 頻繁に会いに行く、連絡をとる
  • 不倫にはリスクがあると伝えておく
  • 日ごろから感謝の言葉を伝える
  • 部屋の中に妻や家族の痕跡を残しておく

単身赴任中は、不倫につながるきっかけが多くあります。

単身赴任中に不倫する理由を知り、日ごろから夫婦間のコミュニケーションを絶やさないことで、事前に不倫を回避してくださいね。

『不倫の慰謝料トラブルに強い弁護士』があなたの悩みを解決します

弁護士法人QUEST法律事務所へのご相談は無料です。当事務所では、電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。ですので、全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

不倫の慰謝料に関するお悩みは、弁護士法人QUEST法律事務所へお任せください!

今すぐお電話ください!

tel. 0120-649-026 電話で問い合わせる

携帯・PHS可

相談無料土日祝受付

24時間365日対応

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article