看護師の妻が不倫しやすい理由と疑惑を抱いた場合の5つの対処方法

監修者

弁護士法人QUEST法律事務所
住川 佳祐

看護師の妻が不倫しやすい理由と疑惑を抱いた場合の5つの対処方法
チェック
この記事を読んで理解できること
  • 看護師の妻が不倫しやすい理由は4つ
  • 看護師の妻が不倫をしていないかの2つのチェック項目
  • 看護師の妻に不倫が疑わしい場合の証拠の集め方
  • 看護師の妻に不倫が発覚した場合に取るべき3つの行動

あなたは看護師の妻が

  • 不倫しているのではないか?
  • もし、不倫していたら自分はどうするべきか?
  • 不倫が原因で離婚する場合はどうすればよいのだろう?

などとお悩みではありませんか。

妻が不倫しているのではないかと疑念を感じた際、不安や悲しみ、怒りや嫉妬で、平静さを失っているかもしれません。

結論として、看護師の妻が不倫しているかの疑惑を持った場合は、相手の行動をよく観察し、冷静に対処することが重要です。

なぜなら、客観的な情報収集で不倫の有無が確認できたり、また、慰謝料請求の際の証拠にもなったりするからです。

夫婦関係を修復したい気持ちがあれば、ご自身の妻への対応も振り返る必要があるでしょう。

この記事を読むことで、あなたが落ち着いて今後のことを考える手助けになります。

この記事でお伝えすることは、

1章では、看護師の妻が不倫しやすい理由を

2章では、看護師の妻が不倫をしていないかのチェック項目を

3章では、看護師の妻に不倫が疑わしい場合の証拠の集め方を

4章では、看護師の妻に不倫が発覚した場合にすべきこと

になります。

この記事を読むことで、看護師の妻の不倫疑惑に対して、冷静かつ適切に対処しましょう。

不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください
不倫の慰謝料でお悩みのあなたへ、まずはお気軽にご相談ください

1章:看護師の妻が不倫しやすい理由は4つ

看護師という職業はストレスやプレッシャーがかかりやすく、また夜勤などで2人きりになる機会があり、異性に悩みを打ち明けて親密になりやすい環境にあります。

看護師が不倫しやすい原因は主に4つです。

  1. 多くのストレス
  2. 高いプレッシャー
  3. 夜勤がある
  4. 患者や医者と親密になりやすい傾向がある

それぞれ説明します。

1-1:多くのストレス

看護師の業務は煩雑で多忙であり、さらに、患者や医師など周りへの気遣いが必要です。

患者の高齢化に伴い、体力的にも負担の大きい仕事であり、また精神的なストレスも相当なものです。

ストレス解消のために、異性に相談し、親密な関係に発展することも珍しくありません。

1-2 : 高いプレッシャー

看護師は、人の命と常に向き合う職業です。

他の職業にはない、ストレスとプレッシャーを感じながらの業務です。

患者の様子に常に気を遣い、担当の患者が亡くなることで大きな責任を感じます。

看護師も人間なので、そのような出来事にどん底まで落ち込むこともあります。

その心情を共有できる医師や同僚と、不倫になるケースも少なくありません。

1-3 :夜勤がある

夜勤があることも、不倫に走りやすい原因の1つです。

夜勤の時間帯は、日勤と比べて余裕が生まれることがあり、病院内も静かです。

看護師と医師、または患者と2人きりで話せる機会も増えます。

多くのストレスを抱える看護師は、夜勤になると静かな環境で男女2人だけになる場面が増えます。

その結果、夜勤は、恋愛関係が始まるおそれがあるタイミングとなるのです。

1-4:患者や医者と親密になりやすい傾向がある

看護師は、医師や患者と親しくなりやすい職業です。

医師とは専門的な共同作業を行うことになり、患者とは個人的な相談を受ける機会もあります。

他の職業では、特定の個人と親密になる機会はほとんどありませんが、看護師は職業の特殊性から特定の異性と親密になりやすく、不倫の機会が多いといえます。

2章:看護師の妻が不倫をしていないかの2つのチェック項目

看護師の妻が不倫をしているかもしれないと不安を感じた場合、まず、妻の行動を観察し夫婦関係を見直しましょう。

以下の2つのいずれかに当てはまると、不倫の可能性は高まるかもしれません。

  • 夜勤回数が増えているか
  • セックスレス状態ではないか

それぞれ説明します。

2-1:夜勤回数が増えているか

看護師の妻の夜勤回数が、急に増えていないかを最初に確認してください。

不倫をしている場合、夜勤と言って相手と会う傾向が見られます。

そのため、夜勤がある職業の人が不倫関係にあると、急に夜勤が増えることはよくあります。

まずは、夜勤回数をチェックしましょう。

さらに、シフトを確認することで不倫の可能性を探れます。

特定の人といつも一緒の夜勤になっていれば、シフトを合わせている可能性があります。

2-2:セックスレス状態ではないか

不倫関係の原因が夫婦間の問題であることも、珍しくありません。

不倫しやすいと言われる看護師でも、すべての人が不倫に走ることはありません。

むしろ少数派と言えます。

夫婦関係が良好であれば、不倫になりやすい条件が整ったとしても実際に起きることは少ないからです。

不倫の大きな原因は、セックスレスです。

セックスレス状態が続くと欲求不満になり、その不満を他の男性に向けることから不倫になってしまうことがあります。

看護師という職業は、不倫が起こりやすい環境にあるため、夫婦の間でセックスレス関係になっていると不倫をしてしまう傾向にあります。

セックスレス状態の場合は、不倫に至る前に早めに解消しましょう。

また、看護師は大きなストレスを抱えながら仕事をしているため、妻の話をよく聞くことや、家事や育児を手伝うことも非常に重要です。

夫が自分の仕事だけで精一杯になり、妻や家庭を後回しにすることが不倫につながることもあるため、十分に注意してください。

3章:看護師の妻に不倫が疑わしい場合の証拠の集め方

もし、2章のチェック項目で思い当たる点があれば、不倫の証拠を探してみるべきです。

証拠を収集するために有効な方法は以下の3点です。

  • 行動の確認
  • スマホの確認
  • 専門家に調査を依頼

それぞれ説明します。

3-1:行動の確認

夜勤がある場合、急に夜勤が増えていないか、同じ相手との夜勤が多くないかをシフトで確認してください。

これにより、職場で個人的な付き合いをしている可能性のある人を特定できるかもしれません。

夜勤がない場合でも、行動の変化には注意が必要です。

メイクや服装、身だしなみに気をつかうようになった場合は、他の行動も注意深くチェックしてください。

車のカーナビの履歴を調べると、不倫相手の家やホテルなどが確認できる可能性があります。

また、クレジットカードなどの支出が増えている場合も、証拠の1つとなります。

3-2:スマホの確認

あなたの妻がスマホを手放さなくなった場合も、不倫のチェックが必要です。

不倫をしている場合、相手からの急な連絡がバレないように、スマホを肌身離さず持ち歩くことがあります。

さらに不倫が疑わしい場合は、妻に気づかれないようにメールやLINE、通話履歴、SNSのやり取りを確認することも可能です。

ただし、妻であっても、無断でスマホを確認する行為は、方法によっては違法になり得ます。

そのため、安易には勧められる行為ではありませんが、不倫の可能性が高く、他の手段で確認できない場合には1つの手段になります。

3-3:専門家に調査を依頼

自分で確実な証拠を集めるのが困難な場合は、探偵事務所や興信所などの専門家に相談することをオススメします。

プロである興信所や探偵事務所なら、以下のようなメリットがあります。

  • 証拠を集めることが妻や不倫相手にバレにくい
  • 調査報告書自体が証拠になる
  • 反社会的な方法を避けて、適切な方法で集めてくれる

そのためには、信頼できる興信所・探偵事務所に依頼しましょう。

浮気・不倫の証拠集めについて、詳しくは次の記事で解説しています。

【まずは証拠】浮気・不倫の慰謝料請求で有利になる証拠とは?

4章:看護師の妻に不倫が発覚した場合に取るべき3つの行動

もし看護師の妻が不倫している事実が明るみに出た場合、落ち着いて対処することが最も重要です。

そのために、以下のステップがあります。

  1. 夫婦関係を見直す(対話)
  2. 不倫相手に「慰謝料請求」を検討する
  3. 妻との離婚を検討する

それぞれ説明します。

4-1:夫婦関係を見直す(対話)

看護師の妻の不倫が明るみに出たとしても、夫婦関係を維持したいという希望があれば、対話を通じて自身の状況を再評価することが肝心です。

妻の意見や立場を尊重しながら、セックスレスやコミュニケ―ション不足など、問題の解決方法を共に模索すべきです。

不倫相手との関係を断つためには、示談交渉で接触禁止条件を盛り込むことで効果があります。

とくに看護師の不倫相手が医師であり、今後の職場での接触が避けられない場合は、プライベートでの接触を禁止し、文書で確定させることで不倫を防ぐ手段となります。

4-2:不倫相手に「慰謝料請求」する

不倫の慰謝料は、相手の不法行為によって夫婦関係が悪化し、破綻した場合のあなたの精神的苦痛に対する損害賠償金として支払われるお金です。

そのため、不倫相手や妻の不法行為を、証明あるいは推認できる十分な証拠が必要です。

さらに、妻の不倫相手に慰謝料を請求するためには、不貞行為(肉体関係)の事実や、もともと夫婦関係は破綻していなかったなどのいくつかの条件を満たす必要があります。

妥当な金額の慰謝料を請求する方法など、しっかり知っておくことも重要です。

不倫慰謝料の相場は50万円〜300万円と幅が広くなっており、その理由は、夫婦関係が継続しているケースや不倫が原因で別居した場合で相場が異なるからです。

不倫の慰謝料について、詳しくは次の記事で解説しています。

慰謝料請求できる3つの条件!慰謝料相場と請求方法までまとめて解説

4-3:妻との離婚を考える

夫婦関係の修復が困難な場合は、看護師の妻との離婚の選択もあります。

離婚による精神的ストレスや、費用や時間を最小限にするためには、協議離婚で終わらせることが一番です。

そのためには、円満に離婚できるように準備することが重要です。

円満離婚をするためのポイントとしては、次の3つが挙げられます。

  • 離婚準備をしっかりしておく
  • 離婚に必要な手続きや流れを知っておく
  • 離婚を決意したら弁護士に相談する

それぞれ説明します。

4-3-1:離婚準備をしっかりしておく

離婚の準備をしっかり進めることで、離婚に対する決意や心構え、離婚後の生活に対する見通しが立ちます。

また、夫婦間の経済状況や、お互いの収入などを確認することで、離婚の際にもらえるお金の概算や資産などを把握できます。

離婚の話し合いには時間を要するでしょう。

相手の主張に耳を傾け、かつ、こちらの要望をきちんと伝えながら焦らずしっかり向き合うことが大事です。

4-3-2:離婚に必要な手続きや流れを知っておく

円満離婚を成立させるためには、離婚に必要な手続きや流れを知っておくことが重要です。

なぜなら、離婚の合意が得られた場合に、具体的に決めなければならないことが多くあるからです。

とくに夫婦間に未成年の子どもがいる場合は、親権や養育費など具体的に決めなければならないことが多くあります。

4-3-3:離婚を決意したら弁護士に相談する

離婚を決意したら、早い段階で弁護士に相談することをオススメします。

なぜなら、無料で相談できる法律事務所も多く、離婚に必要な準備や取り組み方、今後の見通しなどのアドバイスを受けられるからです。

さらに、離婚を話し合う際に、自分で相手と交渉することが難しい場合は、離婚問題の経験が豊富な弁護士に依頼することをオススメします。

離婚問題を弁護士に依頼するメリットや、離婚の相談先について、詳しくは次の記事で解説しています。

離婚問題を弁護士に依頼すべき5つのケースとメリット、費用相場も解説

【離婚の相談先】9種類の特徴とよくある相談、弁護士しかできないこと

まとめ:看護師の妻の不倫疑惑を抱いた場合の対処方法は5つ

結論として、看護師の妻が不倫をしている疑惑を持った場合は、妻の行動を注意深く観察し、冷静に対処することが肝心です。

具体的な対処方法は以下の5つです。

妻の行動をチェックする

  • 夜勤回数が増えているか
  • セックスレス状態ではないか

不倫の証拠を収集する

  • 行動の確認
  • スマホの確認
  • 専門家に調査を依頼

妻と冷静に話し合う

  • 夫婦関係を維持したい場合は対話が必要

不倫相手に慰謝料を請求する

  • 不倫慰謝料の相場は50万~300万円
  • 不貞行為を証明できる十分な証拠が必要

妻と離婚する

  • 離婚準備をしっかりしておく
  • 離婚に必要な手続きや流れを知っておく
  • 離婚を決意したら弁護士に相談する

妻の不倫が確認され、慰謝料請求や離婚に至った場合、精神的な負担が大きいため、弁護士などの専門家に相談することは有効な手段です。

『不倫の慰謝料トラブルに強い弁護士』があなたの悩みを解決します

弁護士法人QUEST法律事務所へのご相談は無料です。当事務所では、電話・メール・郵送のみで残業代請求できます。ですので、全国どちらにお住まいの方でも対応可能です。お1人で悩まずに、まずは以下よりお気軽にご相談ください。

不倫の慰謝料に関するお悩みは、弁護士法人QUEST法律事務所へお任せください!

今すぐお電話ください!

tel. 0120-649-026 電話で問い合わせる

携帯・PHS可

相談無料土日祝受付

24時間365日対応

  • lineシェア
  • twitterシェア
  • facebookシェア
  • hatenaシェア
  • pocketシェア

関連記事
Related article